芸能

亀梨和也「FINAL CUT」の爆死でフジテレビが系列局の足を引っ張る元凶に!?

 人気者の亀梨和也でさえ、この惨状を救うことはできなかったのか。亀梨主演のドラマ「FINAL CUT」(フジテレビ系)が1月9日にスタートし、初回視聴率が7.2%に留まった。この数字はフジの火曜21時枠ドラマ(前身の火曜22時枠を含む)としては、15年7月期の「HEAT」が記録した6.6%以来、2年半ぶりのワースト記録となったのである。

「この火曜21時ドラマは系列局の関西テレビが制作する枠で、17年1月期の草なぎ剛主演『嘘の戦争』や同4月期の小栗旬主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』といった話題作が目白押し。低迷する月9ドラマより高視聴率をマークすることも多く、もはや関テレドラマこそがフジテレビドラマの看板だと期待されているほどです。それが今回、知名度も実績もある亀梨を起用したのに低視聴率に留まったということは、もはや“フジテレビ系のドラマ”というだけで視聴者が嫌厭する状況になっているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 実際、前述の7.2%という視聴率は関東地区のものであり、関西テレビのおひざ元である関西地区では10.7%と二ケタをマークしていたのである。つまり関東では「どうせフジのドラマだろ?」と嫌厭する視聴者が多いのに対し、関西では「関テレドラマなら面白そう!」と期待する視聴者が多いと思われるのだ。

「関テレはこの火曜21時枠に相当な力を入れており、キャストの顔ぶれを見ても佐々木蔵之介や藤木直人といった実力派が脇を固め、女優陣にも栗山千明や橋本環奈といったヒロインクラスを惜しみなく投入。それゆえ関西地区の10.7%こそが本作の実力だとみなすのが順当でしょう。関東地区での体たらくはもはや、『フジ系ドラマ』という看板自体が最大の障壁なのではと疑わざるを得ませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 こうなったらフジテレビはこの枠を「関西テレビアワー」などと銘打って、フジテレビの制作ではないことを前面に押しだすように開き直ったほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像