芸能

亀梨和也「FINAL CUT」の爆死でフジテレビが系列局の足を引っ張る元凶に!?

 人気者の亀梨和也でさえ、この惨状を救うことはできなかったのか。亀梨主演のドラマ「FINAL CUT」(フジテレビ系)が1月9日にスタートし、初回視聴率が7.2%に留まった。この数字はフジの火曜21時枠ドラマ(前身の火曜22時枠を含む)としては、15年7月期の「HEAT」が記録した6.6%以来、2年半ぶりのワースト記録となったのである。

「この火曜21時ドラマは系列局の関西テレビが制作する枠で、17年1月期の草なぎ剛主演『嘘の戦争』や同4月期の小栗旬主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』といった話題作が目白押し。低迷する月9ドラマより高視聴率をマークすることも多く、もはや関テレドラマこそがフジテレビドラマの看板だと期待されているほどです。それが今回、知名度も実績もある亀梨を起用したのに低視聴率に留まったということは、もはや“フジテレビ系のドラマ”というだけで視聴者が嫌厭する状況になっているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 実際、前述の7.2%という視聴率は関東地区のものであり、関西テレビのおひざ元である関西地区では10.7%と二ケタをマークしていたのである。つまり関東では「どうせフジのドラマだろ?」と嫌厭する視聴者が多いのに対し、関西では「関テレドラマなら面白そう!」と期待する視聴者が多いと思われるのだ。

「関テレはこの火曜21時枠に相当な力を入れており、キャストの顔ぶれを見ても佐々木蔵之介や藤木直人といった実力派が脇を固め、女優陣にも栗山千明や橋本環奈といったヒロインクラスを惜しみなく投入。それゆえ関西地区の10.7%こそが本作の実力だとみなすのが順当でしょう。関東地区での体たらくはもはや、『フジ系ドラマ』という看板自体が最大の障壁なのではと疑わざるを得ませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 こうなったらフジテレビはこの枠を「関西テレビアワー」などと銘打って、フジテレビの制作ではないことを前面に押しだすように開き直ったほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
3
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
4
小木博明「杏さん耐えて」炎上発言を矢作兼が叱るもさらに燃料投下状態のワケ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃