芸能

亀梨和也「FINAL CUT」の爆死でフジテレビが系列局の足を引っ張る元凶に!?

 人気者の亀梨和也でさえ、この惨状を救うことはできなかったのか。亀梨主演のドラマ「FINAL CUT」(フジテレビ系)が1月9日にスタートし、初回視聴率が7.2%に留まった。この数字はフジの火曜21時枠ドラマ(前身の火曜22時枠を含む)としては、15年7月期の「HEAT」が記録した6.6%以来、2年半ぶりのワースト記録となったのである。

「この火曜21時ドラマは系列局の関西テレビが制作する枠で、17年1月期の草なぎ剛主演『嘘の戦争』や同4月期の小栗旬主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』といった話題作が目白押し。低迷する月9ドラマより高視聴率をマークすることも多く、もはや関テレドラマこそがフジテレビドラマの看板だと期待されているほどです。それが今回、知名度も実績もある亀梨を起用したのに低視聴率に留まったということは、もはや“フジテレビ系のドラマ”というだけで視聴者が嫌厭する状況になっているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 実際、前述の7.2%という視聴率は関東地区のものであり、関西テレビのおひざ元である関西地区では10.7%と二ケタをマークしていたのである。つまり関東では「どうせフジのドラマだろ?」と嫌厭する視聴者が多いのに対し、関西では「関テレドラマなら面白そう!」と期待する視聴者が多いと思われるのだ。

「関テレはこの火曜21時枠に相当な力を入れており、キャストの顔ぶれを見ても佐々木蔵之介や藤木直人といった実力派が脇を固め、女優陣にも栗山千明や橋本環奈といったヒロインクラスを惜しみなく投入。それゆえ関西地区の10.7%こそが本作の実力だとみなすのが順当でしょう。関東地区での体たらくはもはや、『フジ系ドラマ』という看板自体が最大の障壁なのではと疑わざるを得ませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 こうなったらフジテレビはこの枠を「関西テレビアワー」などと銘打って、フジテレビの制作ではないことを前面に押しだすように開き直ったほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム