芸能

ゆりやんレトリィバァの年末年始が“嘲笑”と爆笑に彩られた2つの仕事

 昨年12月11日放送の「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)にて優勝を果たしたゆりやんレトリィバァの評価が二分されている。若い女性を中心に「面白い!」と絶賛する声もあるなか、「どこが面白いのかさっぱりわからん」「見ていて不快」との指摘も少なくないようだ。そのゆりやんはこの年末年始に何本ものお笑い番組に出演していたが、そこでも大きく評価を分けたという。

「酷評されたのは大みそかの『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日テレ系)。終盤で叶姉妹とともに艶っぽいアメリカンポリスに扮したのですが、衣装まで叶姉妹に寄せてしまい、胸が半分ハミ出していたのです。あれは叶姉妹がやるから眼福なのであって、ゆりやんでは目をそむけたくなる放送事故レベル。『衣装は自前』とのテロップも出ていましたが、そんな衣装は誰からも求められていないことを自覚してもらいたかったですね」(テレビ誌ライター)

 そんな惨状に対して、好評だったのは元日に放送された「ドリーム東西ネタ合戦」(TBS系)だ。こちらではおなじみの海外アーティストネタを披露。英語のスピーチに日本語を織り交ぜるというもので、司会のダウンタウンや志村けんらの出演者も大笑いしていた。この違いは何なのだろうか。

「このアーティストネタでは毎回、海外セレブが着るようなドレスを着用。こちらも肩出しで露出度は大きいものの、先駆者である渡辺直美のおかげで誰しもがこの衣装を見慣れており、すんなりと受け入れられるのです。それに対して『絶対に笑ってはいけない』では、元からカラダで勝負している叶姉妹と同じ土俵に立とうとしたのが大きな判断ミスだったのは明らか。自分がどう見られているのかを理解していれば、あの衣装は選ばなかったはずです」(前出・テレビ誌ライター)

 そもそも見た目の良し悪しに関わらず、女芸人の場合は肌の過剰な露出は厳禁とされるもの。ゆりやんも今後は叶姉妹ばりの衣装は何とか封印していただきたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション