芸能

「24時間テレビ」で信者が急増中!?V6・森田剛のブルースな生き様

20150828morita

 DAIGOの100キロマラソンの武道館ゴールインが視聴率34.6%を記録するなど、さすがの名物番組ぶりを見せた「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(日本テレビ系)。その視聴率効果か、メインパーソナリティーを務めたV6の森田剛の生き方が「カッコイイ」とファン以外からも称賛されているのだ。

 同番組はV6とHey! Say! JUMPという2組のメインパーソナリティーで展開する初の試みということもあり、両グループのメンバーがさまざまな企画で積極的にトークに参加。そんな中、自らはトークに絡んでいくこともなく、あまり笑いもせずクールな姿勢を貫いたのが森田だった。その彼の株が上がったのはメインパーソナリティー2組と嵐を交えての3世代ジャニーズトークコーナーでのこと。

 同企画内で、V6とHey! Say! JUMPが親睦を深めるための食事会を実施したことが報告された。その際、V6の長野博にHey! Say! JUMP・伊野尾慧が失礼な態度をとり続けていたため、普段はめったにしゃべらない森田が一喝したというのだ。

「ネット上では『物静かだけど、大事なところではちゃんとキレる森田は本物の男前』と称賛の声が続出しました」(芸能記者)

 さらに、森田が携帯のメールアドレスを頻繁に変えて随時の報告もないため、V6のメンバーでもアドレスを把握できていないということも判明。なんらかの拍子でメンバーにアドレスを知られてしまった場合、翌日にはアドレスを変更しているという。

 普通なら理解しがたいエピソードだが、これが若い世代の視聴者に刺さったようだ。

「つながりをやたら大切にする時代に、その逆行ぶりがカッコイイ」「一人で生きていける証拠」「彼氏にはしたくないけど、男っぽさは感じる」「それで仕事に穴を開けないならすばらしい」など、我が道を行く姿勢に感銘を受けたコメントが相次いだ。

「森田クラスの人気者となれば、たくさんの女性と交友関係を持っているはず。ですが森田の性格上、相手が女性であってもアドレスを変更したことをいちいち相手に報告していないため、アドレス帳の登録件数もかなり少ないということ。頻繁に変える理由について、本人は『(メンバーにも)知られたくないから』と説明していましたが、たしかに最近の男性の在り方とは違いますね。きっと陰で泣いている女性も多いでしょう(笑)。今度はそのケジメのつけ方を聞いてみたいですね」(アイドル誌ライター)

 男は黙ってなんとやら‥‥。こんなブルージーな生き方が現代でも通用するとしたら、男としてはうらやましいばかりだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
3
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
4
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
5
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!