芸能

“真夏のキャンペーンガール”50年全史「小野砂織(97年・旭化成)」5度目のオーディションで射止めた秘策とは?

20150903r-3

「旭化成キャンペーンガール」といえば一流芸能人の登竜門。22代目の小野砂織(39)は現在、芸能界を引退して経営者として活躍するが、当時を振り返って懐かしき名門キャンペーンガール時代の就任秘話を語った。

 地元仙台で14歳の時からモデルをしていて、22歳で選ばれるまで5回、旭化成キャンペーンガールのオーディションを受けました。結果的に最後となった挑戦では、最終選考が印象的でしたね。審査員は40人。そんな中、「何かワンフレーズ歌ってください」って。

 私、歌は下手だけど宴会芸は得意で(笑)、振りつきで山本リンダさんの「狙いうち」を披露し、歌詞で「♪狙い撃ち」と出てくる部分では、手をピストルの形にしてお偉いさんっぽい人に向け、「バーン!」って(笑)。

 ただし最終選考の前に、どうやら“内偵”が入っていたようなんです。実家付近で私の素性や家庭環境について聞き回る人物がいたと‥‥。でも、ありがたいことにいい評判しか聞こえてこなかったそうで(笑)。キャンペーンガールが何かトラブルを起こせば企業も大ダメージですから、しっかり調べたようですね。さすがに個人情報にうるさい昨今はそんなこともないでしょうが。

 無事合格してからは、とにかく忙しかった。キャンペーンガールって、ポスター撮りや社長の横で笑っているだけが仕事ではなかったんです。まずは工場見学などに行って、みっちり企業について勉強してから、週3で取引先とのパーティに参加。お酌から生地の素材や断熱材についての説明までしました。

 地方巡業も多く、週末は各地のデパートで水着ショー。お客様との距離が近くカメラ小僧もいたため、アンダーヘアなどのムダ毛処理にいちばん気を遣いました。毛穴1本1本に針を刺し、電気を通して抜く方法で処理するんですが、これが正気でなくなるほど痛いし、お値段も100万円と懐にも痛かった(笑)。

 でも楽しいことばかりでしたね。社長さん方との会食も多く、当時から「社長っていいな! 私もこんな場所でいい御飯が食べられる人間になりたい」と漠然と考えていました。

 キャンペーンガールの契約が切れると、「ワンダフル」(TBS系)の1期生に抜擢されてタレントになりましたが、みんなで一から番組を作り上げるのが楽しかったですね。女の子はそれぞれキャラかぶりしないように頑張っていたので、仲もよかった。私はツッコミキャラでよく女の子をイジっていましたが、マニアの男性にしてみたら納得いかなかったみたいです。例えば「おい斧左折(※小野砂織の当て字)! 釈由美子ちゃんをイジメるな!」などのクレームメールが番組宛てによく来ていました。私もスタッフルームでそれを読み、もう腹が立って! スタッフの振りをして、「小野さんは頑張っているいい子です」と返信していたら、スタッフに怒られたことも(笑)。それほど自由でしたね。

 でもある時、「『ワンダフル』出演者の乱交パーティ疑惑」が報じられ、私も名前があがってしまったんですよ。事実無根なのに釈明すらできず、自分の力ではどうにもできない世界なんだ‥‥。そう思うと芸能界に魅力を感じることができなくなり、26歳で引退しました。

 それからは、引退前にためた写真集などのギャラ3000万円を元手に起業しましたが、同時にシングルマザーで娘を産んだりと、けっこう波瀾万丈でしたね(笑)。現在は表参道で一軒家エステ「diosa」の経営と、ボディケアブランドの「RIOSA」のプロデュースをしています。そして5年前に結婚し、第2子を妊娠中です。実は今、陣痛キテます(笑)。インタビュー中に生まれちゃったらどうしようって(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声