芸能

男の運気を上げる“あげまん”芸能女性10人を徹底比較!「役者バカ・堺雅人を惚れさせた菅野美穂」

20150910c-2

 芸能界がにわかに結婚&出産フィーバーに沸いている。どんな美人女優だろうと結婚してしまえば人気落ち──。そう言われたのも一昔前である。今や芸能界の新ジョーシキは、ママタレとしてもう一丁の荒稼ぎ。さらには身をささげる夫に、女として「内助の功」テクを駆使するのがトレンドのようだ。

 芸能評論家の佐々木博之氏が既婚美女全盛のカラクリを解説する。

「ショービジネスは疑似恋愛が基本となるだけに、結婚やオメデタなど寿報道は人気凋落の要因になると言われてきた。ところが今では、ママタレとなっても、バラエティ番組で夫ネタを提供したり、主婦層をターゲットにしたCMに出演したりと、需要は落ちない。さらにはブログやツイッターなどで情報を発信すれば人気を維持することができるのです」

 そんなママタレビジネス最盛期の中、新たに“あげまん女優”に名乗りを上げたのが8月13日に第1子である男児を出産した菅野美穂(38)だ。

「2013年に結婚を発表後、夫の堺雅人(41)はドラマ『半沢直樹』(TBS系)、『リーガルハイ』(フジテレビ系)と主演ドラマを立て続けにヒットさせ、一躍視聴率男の名をほしいままにした。その人気の陰で、女優としても評価の高かった菅野は露出を契約を残したCMだけに控えた。夫の売り時に裏方に徹するとは、最大の内助の功だったと言えます」(スポーツ紙芸能デスク)

 夫・堺は一気呵成に来年のNHK大河「真田丸」の主演までブン獲った。まさに順風満帆と言えよう。

「撮影現場には台本を持ち込まないことで有名な堺ですが、もっぱら家ではソファでボーッとしているだけ。特に撮影前には役作りに没頭するため家事などは一切しません。菅野も台本を持ち込まない完璧主義者だっただけに気持ちが理解でき、ひたすら精力のつく料理をふるまって夫の体調管理だけを気遣っていたんです」(女性誌記者)

 8月13日、念願の第1子となる男児出産の幸運に恵まれたのもそのたまものだろう。

「例年、お盆時期にクランクインとなる大河の撮影ですが、堺は『妻の出産に立ち会う』と延期を申し入れていた。仕事に入ったら脇目も振らない役者バカの堺をここまでさせたのは、妻に心底ホレている証拠。その意味では菅野はみごとに役者バカを操縦しているわけです」(前出・女性誌記者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人