芸能

男の運気を上げる“あげまん”芸能女性10人を徹底比較!「役者バカ・堺雅人を惚れさせた菅野美穂」

20150910c-2

 芸能界がにわかに結婚&出産フィーバーに沸いている。どんな美人女優だろうと結婚してしまえば人気落ち──。そう言われたのも一昔前である。今や芸能界の新ジョーシキは、ママタレとしてもう一丁の荒稼ぎ。さらには身をささげる夫に、女として「内助の功」テクを駆使するのがトレンドのようだ。

 芸能評論家の佐々木博之氏が既婚美女全盛のカラクリを解説する。

「ショービジネスは疑似恋愛が基本となるだけに、結婚やオメデタなど寿報道は人気凋落の要因になると言われてきた。ところが今では、ママタレとなっても、バラエティ番組で夫ネタを提供したり、主婦層をターゲットにしたCMに出演したりと、需要は落ちない。さらにはブログやツイッターなどで情報を発信すれば人気を維持することができるのです」

 そんなママタレビジネス最盛期の中、新たに“あげまん女優”に名乗りを上げたのが8月13日に第1子である男児を出産した菅野美穂(38)だ。

「2013年に結婚を発表後、夫の堺雅人(41)はドラマ『半沢直樹』(TBS系)、『リーガルハイ』(フジテレビ系)と主演ドラマを立て続けにヒットさせ、一躍視聴率男の名をほしいままにした。その人気の陰で、女優としても評価の高かった菅野は露出を契約を残したCMだけに控えた。夫の売り時に裏方に徹するとは、最大の内助の功だったと言えます」(スポーツ紙芸能デスク)

 夫・堺は一気呵成に来年のNHK大河「真田丸」の主演までブン獲った。まさに順風満帆と言えよう。

「撮影現場には台本を持ち込まないことで有名な堺ですが、もっぱら家ではソファでボーッとしているだけ。特に撮影前には役作りに没頭するため家事などは一切しません。菅野も台本を持ち込まない完璧主義者だっただけに気持ちが理解でき、ひたすら精力のつく料理をふるまって夫の体調管理だけを気遣っていたんです」(女性誌記者)

 8月13日、念願の第1子となる男児出産の幸運に恵まれたのもそのたまものだろう。

「例年、お盆時期にクランクインとなる大河の撮影ですが、堺は『妻の出産に立ち会う』と延期を申し入れていた。仕事に入ったら脇目も振らない役者バカの堺をここまでさせたのは、妻に心底ホレている証拠。その意味では菅野はみごとに役者バカを操縦しているわけです」(前出・女性誌記者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
3
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!