芸能

AKIRAの流血はどうなった?「HEAT」最終回のありえない展開に視聴者が呆然

20150903akira

 9月1日に放送されたドラマ「HEAT」(フジテレビ系)の最終回の視聴率が3.9%だったことがわかった。同ドラマは、6話で2.8%という低視聴率を記録したが、以降は数字を下げることがなかった。

「最終話はライバル役の佐藤隆太が火災現場に取り残され、AKIRAが救出するという『海猿』のようなシーンが見せ場でした。しかしAKIRAは直前まで脇腹から流血し、立ち上がるのもやっとだったにもかかわらず、突然、消防服を無断で奪取し、火の中に突入。そして1人で身長180近くある佐藤を担ぎ、爆発の中から脱出するという、ありえない展開だったのです」(テレビ誌記者)

 これには視聴者も「消防士でもない一般人が勝手に突入するとかありえないだろ!」「佐藤隆太が取り残されるって、まんま海猿じゃん!」「火災の演出がショボすぎる!」といった厳しい声が殺到した。

 また今回、視聴率が上昇した理由は本編の内容以外にあるという。

「この日、フジテレビは19時から『ワールドカップバレー』を放送していました。試合時間が延長したため『HEAT』は65分遅れの放送となりましたが、バレーの視聴率は16.4%と高かったため、後番組の『HEAT』の数字に貢献したようです。さらに、この日はオリンピック・エンブレムの取り下げに関する話題が世間を騒がせましたから、その時間にいつも放送されているニュース番組を見ようとチャンネルを変えた視聴者も多かった。その結果、視聴率が上昇したのではないでしょうか」(前出・テレビ誌記者)

 最後まで低視聴率に苦しむこととなった「HEAT」。今後は映画化も予定されているが、「HEAT」も一度、オリンピック・エンブレムのように白紙撤回を考えるべきかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト