芸能

篠原涼子 映画・CMで大胆姿を披露する理由は夫・市村正親のひと言が原因?

20150911shinohara

 大胆なトリンプのCMに続いて、公開中の映画でもシャワーシーンを披露した篠原涼子(42)。四十路にしてなお、妖艶ボディで魅力を振りまく理由が明らかになった!

 篠原の主演映画「アンフェア the end」(東宝)にドーンと太鼓判を押すのは映画評論家の秋本鉄次氏である。

「まさに、値千両のヒップです。あのシャワーシーンだけでも映画館に見に行く価値ありです! かつて『配達されない三通の手紙』で松坂慶子が見せたシャワーシーンに匹敵する、おみごとな脱ぎっぷりですよ」

 06年にテレビドラマで始まった「アンフェア」シリーズは、篠原が孤高の女刑事を演じる本格ハードボイルドアクション。お色気シーンも欠かせない要素となっているが、今回はシリーズ最終作となる映画版だ。

 巨大スクリーンに冒頭から映し出されるのは、シャワールームで全裸となった篠原。激しい水流に身を任せると、ツヤのある美しい背中、くびれた腰つき、そしてシェイプアップされながらも、程よく肉のついた熟尻がまる見えとなる。およそ四十路妻とは思えぬ渾身の生シャワーシーンは、劇中2度も用意されている。「篠原の演じる女刑事はベッドで寝る時は全裸というのがお約束。前作『アンフェア the answer』でも佐藤浩市との濡れ場を披露するなど、お色気シーンもたっぷりでした。今回は、篠原のほうから“濡れ場”が足りないと、台本になかった入浴シーンを盛り込んだといいます」(映画ライター)

 篠原にとって「アンフェア」は9年越しのライフワーク。まさに決意の美尻公開だったわけだ。

 私生活では2児の母でもある篠原だが、このみごとな肢体をどのようにキープしているのか──。

「ふだんからサウナよりも体の内側から汗をかく溶岩ヨガに通い、体形維持に余念がありません。加えて、この撮影のためにジムへ通う回数を増やしていたようです。運動でたっぷり汗をかき、吸収率を高めたところに、野菜の酵素ドリンクを飲むのが美ボディを維持する秘訣。風呂上がりにはブラCMで魅せているロケット乳にローションを塗り込み、柔らかさを保っています」(女性誌記者)

 CMに、映画に、肌を露出しまくる妻に夫・市村正親(66)は嫉妬しないのか、気になるところだ。

「芸能界では大御所の市村さんも、家に帰れば妻・涼子の長男坊のような立ち位置です。昨年胃ガンを患った際に、篠原は看病しながらこれまで以上に自身の体に磨きをかけ病床の夫を元気づけた。市村さんは、もう一度妻を抱きたいと奮起して病気を克服したんです」(前出・女性誌記者)

 さすがに3人目という話は聞こえてこないものの、還暦の市村は2人目の出産を、

「彼女に最後のプレゼントをもらった」

 と恩義に感じたという。

 お色気路線まっしぐらな妻におとがめどころか、縁起がいいので、

「もっと脱げ」

 とハッパをかけているほどだとか。夫公認なら、妻のさらなる飛躍が期待できそうだ。

「映画の次には10月ドラマ『オトナ女子(仮)』(フジテレビ系)への出演が決まっています。つきあう男は出世するが、最後は捨てられてしまうあげまんOLという、これまでの姉御イメージを崩さない役柄となります」(ドラマ制作スタッフ)

 共演は「昼顔」(フジ系)で妖艶ベッドシーンを演じた吉瀬美智子(40)、年下夫と離婚したばかりの鈴木砂羽(42)となるだけに、お色気シーンの競演が見せ場となりそうだ。前出・秋本氏も桃色発奮中の篠原にエールを贈る。

「同じ涼子でも『脱ぎ』については米倉、広末の上を行く脂のノリです。私生活でも好調だけに、女優としてもさらなる充実の艶技に期待しています」

 この秋は、四十路子持ちで成長した、篠原のさらなる露出に注視したい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日