芸能

夜のしつこい男が好き!?マギーの“媚びキャラ”変貌に女性総スカンの懸念

20151010maggy

 ここにきて男性人気も右肩上がりなのが、モデルのマギー。タレントのルックスには厳しいお茶の間からも、その美貌にはツッコミどころが少ないと絶賛されている。そんな絶好調のマギーだが、「世渡りまで上手すぎる」と話題になっている。

 日本テレビの人気番組が大集合した特番「DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦4時間SP」の1コーナーだった「禁断の公開質問箱ベストテン」に出演したときのこと。その中で「同棲するなら誰?」というストレートな質問をぶつけられたマギーは、有吉弘行を指名。その理由を「有吉さん好きだから」と、直球で説明した。そのコメントを受け、有吉は一気に上機嫌に。この瞬間、視聴者からは「媚び売りまくってるなぁ~」「男ってこんなウソでコロッといくんだ」というツイートなどが連発された。しかしながら、コンパクトにドキッとさせる返答はさすがで、視聴者をクギづけにしたいバラエティ番組としては合格ラインを超えたことは間違いなかった。

「有吉自身が以前からマギーをお気に入りにとして名前をあげていますし、今回のアプローチに悪い気がするわけがない。それに加え、マギーは最近では音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)や、第一興商が運営する通信カラオケ『DAM』の曲間に放映される音楽番組『DAMチャンネル』でMCを務めています。その経験が生かされているのか、以前は独りよがりのトークが多かったが、共演者(特に男性)との距離の詰め方がとても上手くなったように感じます。バラエティにおける程よい柔軟性を覚えてきたようですね。あれだけの美貌を持ち、そういった振る舞いを継続していくことができれば、世間の好感度も自ずとアップしていくでしょう」(週刊誌記者)

 また、同企画で「無人島に暮らすとしたら誰?」と問われると、ネプチューンの原田泰造をあげている。その原田について、有吉が「夜がしつこい」と発言したことをきっかけに、原田もそれに乗っかる形で「俺、夜すっごいしつこいけど大丈夫?」とマギーに尋ねるも、笑顔でオッケーポーズをとって対応。

 これには番組を観ていた男性視聴者たちが鼻血を出しまくったようで、「マギー、ナイスすぎる」「ネタだと思うけどすばらしい」と絶賛された。

 ただし、ここまで男性人気がアップすると、心配されるのがやはり女性人気の低下。他のモデルタレントと違い、現在はバッシングの少ない彼女だが、一瞬先は闇。マギーが芸能界で生き残れるかどうか、今後の方向性に注目したい。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す