芸能

夜のしつこい男が好き!?マギーの“媚びキャラ”変貌に女性総スカンの懸念

20151010maggy

 ここにきて男性人気も右肩上がりなのが、モデルのマギー。タレントのルックスには厳しいお茶の間からも、その美貌にはツッコミどころが少ないと絶賛されている。そんな絶好調のマギーだが、「世渡りまで上手すぎる」と話題になっている。

 日本テレビの人気番組が大集合した特番「DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦4時間SP」の1コーナーだった「禁断の公開質問箱ベストテン」に出演したときのこと。その中で「同棲するなら誰?」というストレートな質問をぶつけられたマギーは、有吉弘行を指名。その理由を「有吉さん好きだから」と、直球で説明した。そのコメントを受け、有吉は一気に上機嫌に。この瞬間、視聴者からは「媚び売りまくってるなぁ~」「男ってこんなウソでコロッといくんだ」というツイートなどが連発された。しかしながら、コンパクトにドキッとさせる返答はさすがで、視聴者をクギづけにしたいバラエティ番組としては合格ラインを超えたことは間違いなかった。

「有吉自身が以前からマギーをお気に入りにとして名前をあげていますし、今回のアプローチに悪い気がするわけがない。それに加え、マギーは最近では音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)や、第一興商が運営する通信カラオケ『DAM』の曲間に放映される音楽番組『DAMチャンネル』でMCを務めています。その経験が生かされているのか、以前は独りよがりのトークが多かったが、共演者(特に男性)との距離の詰め方がとても上手くなったように感じます。バラエティにおける程よい柔軟性を覚えてきたようですね。あれだけの美貌を持ち、そういった振る舞いを継続していくことができれば、世間の好感度も自ずとアップしていくでしょう」(週刊誌記者)

 また、同企画で「無人島に暮らすとしたら誰?」と問われると、ネプチューンの原田泰造をあげている。その原田について、有吉が「夜がしつこい」と発言したことをきっかけに、原田もそれに乗っかる形で「俺、夜すっごいしつこいけど大丈夫?」とマギーに尋ねるも、笑顔でオッケーポーズをとって対応。

 これには番組を観ていた男性視聴者たちが鼻血を出しまくったようで、「マギー、ナイスすぎる」「ネタだと思うけどすばらしい」と絶賛された。

 ただし、ここまで男性人気がアップすると、心配されるのがやはり女性人気の低下。他のモデルタレントと違い、現在はバッシングの少ない彼女だが、一瞬先は闇。マギーが芸能界で生き残れるかどうか、今後の方向性に注目したい。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故