芸能

篠原涼子が髪を触りすぎ?ドラマ「オトナ女子」に視聴者が集中できない!

20151016shinohara

 10月15日に放送されたテレビドラマ「オトナ女子」の初回視聴率が9.9%だったことがわかった。同ドラマは篠原涼子にとって、2年半ぶりの連続ドラマ主演となる。

「篠原が2013年に主演を務めた『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)は平均視聴率15.2%を記録する人気ドラマだったこともあり、フジは『オトナ女子』も高視聴率を期待していたはずです。しかしフタを開けてみれば初回から1桁スタートと厳しい滑り出し。今回、『結婚できない男』の人気脚本家が参戦したものの、ドラマの中で主人公が男性から浴びせられる厳しい言葉や、独身女性に対する後輩の陰口など、共感というよりは、アラフォーが耳を塞ぎたくなるような台詞が繰り返されるため、視聴ターゲットとなる女性からは、あまり支持が得られていないようです」(テレビ誌記者)

 そんな「オトナ女子」は40歳独身女性が、傷ついたりしながら幸せをつかもうと奮闘する大人のラブストーリーということだが、視聴者からはその内容だけでなく、ドラマの中で繰り返される篠原のある仕草に対しても、厳しい声が上がっているという。

「ドラマの中で篠原は事あるごとに自身のロングヘアーを華麗にかきあげるのですが、その回数があまりに多すぎてドラマに集中できないという意見が続出しているのです。一部ネットでは『何度、髪をかきあげれば気が済むの?』『バブル女子にしか見えない』『ゴムで1つにまとめて欲しい。不衛生だよ』など、ワンシーンに必ずワンかきあげが入るほどの勢いのため、終了後は『篠原のかきあげしか印象に残らなかった』と感想をこぼす者もいるほどです」(前出・テレビ誌記者)

「ラスト・シンデレラ」では右肩上がりで高視聴率を記録した篠原。今後、篠原のかきあげ仕草が気にならなくなるほど、視聴者をドラマに惹きこむことができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴