スポーツ

プロ野球”黒いドラフト”封印された真相「高橋由伸が抱えた苦悩とは?」

20151029a

 プロ入りの夢がかない、満面の笑顔。あるいは意中の球団には指名されず、表情を曇らせる。今年もまた、悲喜こもごもが渦巻くドラフト会議を迎え、水面下での駆け引きが展開。だが過去の歴史を振り返れば、その舞台裏では、決して公にはできない「黒い事件」が次々と起きていたのだ。

「本日、私、高橋由伸は、読売ジャイアンツを逆指名させていただきます」

 97年11月4日、慶應大学(当時)の高橋由伸は厳しい表情でこう切り出した。入団したい球団をみずから選べる逆指名。本来、希望に満ちた喜ばしい場であるはずの会見場には重い空気が充満し、高橋の顔には悲壮感さえ漂っている。そして報道陣に巨人指名の理由を聞かれると、目に涙をためて数十秒間沈黙。言葉が出てこない。それもそのはず、9球団が争奪戦を繰り広げた天才スラッガーが本当に行きたかったのは、巨人ではなかったからだ。

「高橋は六大学で慣れ親しんだ神宮球場で活躍したい、と日頃から話していたのに、会見では『巨人は伝統あるチームで‥‥』などと言いだした。担当記者は、高橋がそれまでそんなことを言ったのを聞いたことがありませんでした」(スポーツ紙デスク)

 前代未聞の「涙の逆指名会見」を演出したのは、相思相愛の関係にあったヤクルトへの入団を強制的に断念させられたことにあった。球界関係者が回想する。

「事実、ヤクルトには『逆指名します』と伝えていたし、それは野村克也監督の耳にも入っていた。当時スカウトだった片岡宏雄氏ももちろん、ヤクルトに来てくれるものだと思っていた」

 逆指名会見前夜、高橋は千葉県内の実家で開かれた家族会議に出席し、最終結論について話し合った。前出・スポーツ紙デスクが言う。

「家族会議終了後に取材を受けてコメントをするというので、報道陣は皆、待っていました。ところが途中から雲行きが怪しくなってきた。ヤクルト逆指名の確認であればスンナリと終わるはずなのに、あまりにも長時間に及んでいる。これは何かモメているぞ、となったのです。結局、会議は約8時間、深夜3時頃まで続きました。どうやら父親の重衛氏に『家のために巨人に行ってくれ』と説得され、高橋が渋っていたということでした」

「家のために」とはいったい何か。「実は不動産業を営む重衛氏が、土地が焦げ付いて莫大な借金を抱えていた」と明かすのは、先の球界関係者である。

「その負債を巨人が肩代わりするとの“密約”があり、重衛氏は息子を説得して巨人に入団してもらわないと困る状況だったわけです」

 だから逆指名会見で、高橋が声をしぼり出すように話した「自分の力を試すことができる、また、いちばん生かせるんじゃないかという自分の判断で、決めさせていただきました」との主張は、まるで事実と異なるものだったことになる。

 当時の片岡スカウトは、のちに、その裏攻防をマスコミに暴露。長嶋茂雄監督が重衛氏に電話攻勢をかけていたこと、焦げ付いた不動産の総額が60億円にも上っていたことなどをバラしている。前出・スポーツ紙デスクが言う。

「12億円ずつ5年間かけて分割払いする話になっていた、と聞きました。巨人サイドが重衛氏に読売グループの仕事を発注するという名目での報酬だと‥‥」

 運命を翻弄されながらも、巨人入団後、球界有数のスター選手となった高橋はあの時の選択を今、どう思っているのか‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
2
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声
3
天海祐希が主演ドラマスタッフに「朝まで大激怒」(3)激怒の裏にライバルの存在
4
レギュラー番組で「大不調」!嵐・大野智に何が起きた?
5
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ