芸能

香里奈の主演ドラマが爆死したのは「ベッド画像」のせいではなかった!?

20151022karina

 昨年3月にハワイでの衝撃ベッド画像が出たことで、活動自粛を余儀なくされた香里奈。今回、2年3カ月ぶりとなるドラマ「結婚式の前日に」(TBS系)で女優復活を図ったものの、初回視聴率が7.7%と低迷したことで、いよいよ女優人生に黄信号が灯ってきた感もある。

 この低視聴率に関して、流出写真の影響が大きいと解説する記事も多いが、本当の理由は香里奈自身にあると語るのはテレビ誌のライターだ。

「そもそも香里奈が女優として、視聴率を持っていないことは業界での共通認識でした。しかも本作では遠藤憲一や原田美枝子らが脇を固めるものの、視聴者を呼べるタレントとの共演はなし。つまり香里奈が目当ての視聴者しか期待できず、まさにその期待通りの数字に落ち着いたというわけです」

 これまでの出演作を見ても、初主演作の「だいすき!!」(TBS系)は平均視聴率11.5%で、2008年当時の水準ではぎりぎり及第点と言える程度。翌年の「リアル・クローズ」(フジテレビ系)では黒木瞳や西島秀俊といった共演者を従えながら、平均視聴率は9.96%止まり。現在と違って当時の10%割れは、大ニュースを言えるほどの低視聴率だったのである。

 ようやく2011年の月9ドラマ「私が恋愛できない理由」(フジテレビ系)で16.0%のヒットを記録したが、同作品は吉高由里子と大島優子も加えたトリプル主演作で、しかも大島はAKB48での人気絶頂時。結局、香里奈が数字を作った実績はないというのが現実なのである。

「テレビ離れが進んだ現在での7.7%は、むしろ健闘したと言ってもいいほど。ベッド画像流出という話題性がなかったら、もっと低い数字だった可能性もあります。2話目以降はその“流出効果”も薄れますし、裏番組として『サイレーン』(フジテレビ系)が始まりますから、大苦戦は目に見えていますね」(前出・テレビ誌ライター)

 そのドラマ「サイレーン」(フジテレビ系)には主演の松坂桃李をはじめ、木村文乃や菜々緒、さらには佐野ひなこや入山杏奈(AKB48)と視聴者の興味を惹きそうなキャストがズラリ。これでは香里奈に勝ち目を期待するのは酷というものだろう。前期の伝説的な低視聴率ドラマ「HEAT」(フジテレビ系)に迫る可能性すらあり、そういう意味では逆に注目かもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!