芸能

香里奈の主演ドラマが爆死したのは「ベッド画像」のせいではなかった!?

20151022karina

 昨年3月にハワイでの衝撃ベッド画像が出たことで、活動自粛を余儀なくされた香里奈。今回、2年3カ月ぶりとなるドラマ「結婚式の前日に」(TBS系)で女優復活を図ったものの、初回視聴率が7.7%と低迷したことで、いよいよ女優人生に黄信号が灯ってきた感もある。

 この低視聴率に関して、流出写真の影響が大きいと解説する記事も多いが、本当の理由は香里奈自身にあると語るのはテレビ誌のライターだ。

「そもそも香里奈が女優として、視聴率を持っていないことは業界での共通認識でした。しかも本作では遠藤憲一や原田美枝子らが脇を固めるものの、視聴者を呼べるタレントとの共演はなし。つまり香里奈が目当ての視聴者しか期待できず、まさにその期待通りの数字に落ち着いたというわけです」

 これまでの出演作を見ても、初主演作の「だいすき!!」(TBS系)は平均視聴率11.5%で、2008年当時の水準ではぎりぎり及第点と言える程度。翌年の「リアル・クローズ」(フジテレビ系)では黒木瞳や西島秀俊といった共演者を従えながら、平均視聴率は9.96%止まり。現在と違って当時の10%割れは、大ニュースを言えるほどの低視聴率だったのである。

 ようやく2011年の月9ドラマ「私が恋愛できない理由」(フジテレビ系)で16.0%のヒットを記録したが、同作品は吉高由里子と大島優子も加えたトリプル主演作で、しかも大島はAKB48での人気絶頂時。結局、香里奈が数字を作った実績はないというのが現実なのである。

「テレビ離れが進んだ現在での7.7%は、むしろ健闘したと言ってもいいほど。ベッド画像流出という話題性がなかったら、もっと低い数字だった可能性もあります。2話目以降はその“流出効果”も薄れますし、裏番組として『サイレーン』(フジテレビ系)が始まりますから、大苦戦は目に見えていますね」(前出・テレビ誌ライター)

 そのドラマ「サイレーン」(フジテレビ系)には主演の松坂桃李をはじめ、木村文乃や菜々緒、さらには佐野ひなこや入山杏奈(AKB48)と視聴者の興味を惹きそうなキャストがズラリ。これでは香里奈に勝ち目を期待するのは酷というものだろう。前期の伝説的な低視聴率ドラマ「HEAT」(フジテレビ系)に迫る可能性すらあり、そういう意味では逆に注目かもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
2
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
3
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
4
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!
5
消えたゴリ押し美女タレントは今(4)芹那はアノ動画漏洩のせいで干された?