芸能

安藤美姫「コーチから罵声を浴びた」告白の快感度

20151029q

 フィギュアスケートの安藤美姫(27)がラジオ番組にゲスト出演。司会者からの質問攻撃に対し、スケート連盟との確執からある性格まで隠すことなく明かした。

 10月11日放送のラジオ番組「松任谷正隆のDEAR PARTNER」(TOKYO FM)に、シングルマザーでフィギュアスケーターの安藤がゲスト出演した。パーソナリティを務める音楽プロデューサーの松任谷氏が「調子の悪かった時期が長かったイメージあるよね」と、アシスタントの中井美穂に語りかけながらスタート。冒頭からスポーツ記者たちが決して聞けない質問をズバッと浴びせた。「(あなたは)Mである」の二者択一に対し、安藤は間髪をいれずに「ハイ」と即答したのだ。スポーツ紙デスクが言う。

「ゲストにとってタブーと思われがちな疑問や聞きにくい質問をぶつけ、意外な素顔をあぶり出してくれるので、業界でも話題の番組です。松任谷氏が『(ゲストに)嫌われたかな』と、中井に問いかけることもあるほど。この日も娘の父親や不仲が伝えられる浅田姉妹についてこそ触れませんでしたが、かつての恋人でコーチだったニコライ・モロゾフ氏とのSM的な関係の秘話を引き出しました」

 それは今後のフィギュア界との関わりについての話題に及んだ時だ。安藤は「ジャッジ(審判員)はしない。先生になりたい。イタリアでコーチングを勉強してます」と指導者志望を明かすと、モロゾフ氏のコーチング・テクニックに触れた。

「ニコライは選手の性格をよく見てました。ほめて伸びる子もいるけど、私はけなされまくって優勝した」

 日常的に罵声を浴び、それが奏功したことを告白したのだ。思わず中井も、

「(冒頭でMと)即答してましたね」

 とツッコミを入れる。そこへ松任谷氏が「どんなふうに?」とさらに畳みかけると、「英語でいちばん悪いヤツ(言葉)で」と答え、「この野郎!」と思いながら練習に食らいついていたという。スポーツライターが話す。

「一般的には女性への汚い言葉といえば『ビッチ!』(bitch)ですよね。それが本当であっても、他の外国人の教え子には決して言いませんよ。両親が許さない。2人が特別な関係だったという印象が残る告白でした」

 練習で罵倒され追い込まれた「ドM」の安藤は「一度、携帯電話とお財布だけ持って(練習先を抜け出して)線路(に沿って)を旅したことがあった」とも告白。最後は知らない場所からタクシーで戻ったと話し、「変なヤツ」と自虐的に笑ったのだった。

 番組内では06年のトリノ冬季五輪(15位)前後の苦悩にも触れた。

「当時、練習環境の悪化などもあり、『足の指を骨折していながら、大人の事情で出場。休ませてもらえなかった』と、スケート連盟批判とも取れる内容でした。今後、コーチングを勉強しても日本では厳しい。ナショナルチームはもとより、ジュニアにしても、親が自分の息子や娘を奔放な安藤に預けるかというと、疑問です。すでに指導者、振付師として頭角を現している“ひまわり娘”こと鈴木明子のほうが楽しみです」(前出・スポーツライター)

 10月15日放送の「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)では、安藤が子供向けのスケート教室で指導している姿を紹介し、愛娘(2)の生声が初めて流れた。

「10月1日のイベントに出席した際も囲み取材に応じ、『あのマスコミ嫌いが!?』と報道陣を驚かせた。ただ、この時も『娘がスケートをやりたいと言いだして、一緒に滑りました』と、シングルマザーの立場や愛娘を話題作りに利用しているようにも映った。バラエティ界では宿敵・浅田舞が人気を呼び、解説者のポストには姉と慕う荒川静香がいては、この先もテレビ界は厳しいでしょう」(スケート関係者)

「ドM」だけに、追い込まれて本領発揮といきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線