芸能

原作ファンが落胆!新垣結衣がドラマで再現できなかった“あのシーン”とは?

20151023aragaki

 新垣結衣の主演ドラマ「掟上今日子の備忘録」(日本テレビ系)は、17日に第2話が放送され、10.3%の視聴率を記録。初回の12.9%からわずかに視聴率を落としたものの10%台をキープし、スタートはまずまずと言えそうだ。しかし、このまま2ケタをキープできるかは、主演の新垣結衣しだいというのが大方の見方だという。

「オタク系男子のハートはがっしり掴んでいるようです。『あの長い美脚を拝める貴重な作品』『ガッキーの可愛さだけで押し切ろうという作品だが、それでヨシ!』といった声が聞かれました。第3話の黒髪スーツ姿も『コスプレ感ありまくりでたまらない』など、どっぷりハマっているガッキー信者の視聴者は多いようです」(テレビ誌編集者)

 ところが、新垣の熱狂的なファンたちだからこそガッカリしてしまったワンシーンが第2話で放送されてしまったと、芸能ライターは言う。

「新垣演じる掟上今日子が、事件の容疑者とプールで競争するシーンがあったのですが、原作での今日子は完全に“ハイレグ”といってもいいような、かなりラインが急角度の水着を着用。そのため、ファンたちの間ではガッキーの究極の水着姿が見られる“神回”になるのでは? と噂されていたようです。しかし、ドラマ版でガッキーが身に纏っていたのは全身をガッツリ包み、肌出しゼロのウェットスーツ。冷静に考えれば当たり前の結果ですが、ライバルドラマとの視聴率争い激化の中、密かに期待していたファンは『もう少しぐらい見せてもいいのでは』と、かなり落胆したようです」(芸能誌ライター)

 とはいえ、「ウェットスーツだった分、身体に密着してボディラインを堪能できた」「水着を着てくれただけで最高!」など、あくまでポジティブにとらえるありがたいファンもいたようだが‥‥。

 どこまでその美貌だけで引っ張れるかは未知数だが、コアな視聴者を手放さないためにも、ガッキーには勇気を出してもうひと踏ん張りしてほしいところだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白