芸能

熊切あさ美に無神経トーク、嫌われ女王・矢口真里が強心臓すぎる!

20151105yaguchi

 元モー娘の矢口真里が11月1日、「日曜ファミリア・映っちゃった映像GP」(フジテレビ系)に出演。共演したのは、片岡愛之助との破局騒動で知名度をアップさせた、お騒がせタレントの熊切あさ美だった。

 2人は会うと幸せになると言われる「座敷わらし」に出会うため、山形県の宿で一晩語り明かす旅に出た。芸能ライターが言う。

「自宅に男を連れ込んでの鉢合わせ修羅場で離婚した自業自得の矢口。同棲中だった愛之助に藤原紀香と二股をかけられたあげく、別れ話なしで捨てられた熊切とは立ち位置が真逆です。考えたってわかりそうなものを図太い矢口には想像もできない。ロケの最初からハイテンションで、『巻き返していこうよ』と熊切を奮い立たせようとするが、暖簾に腕押しで、ダダ下がる一方の熊切。まるでデリカシーのない矢口に『やられた側(熊切)とやっちゃった側(矢口)』という単語を使って説明するが、矢口の顔には『?』が浮かんだままでした。こういう無神経なところ、目の前の相手すら思いやれない性格が、嫌われ矢口の根っこにあることが手に取るようにわかりましたね」

 座敷わらし部屋に入ってガールズトークを続ける2人。矢口は騒動後に迷惑をかけた人には直接謝罪し、謝罪の手紙をつづったという。芸能活動自粛中は1Kのマンションに引越し、お金の大事さを痛感する毎日だったことを強調し続けた。言いたいことを吐き出し、熊切の愚痴やボヤきの相手をするのに疲れ果てた矢口は、ロケ中にもかかわらず寝入ってしまう。緊張し過ぎて眠りにつけないままの熊切を残し、ひとり夢の中へ。

「復帰後、『覚悟していたが、世間の反応は想像以上に厳しかった』なんて神妙に語っていた矢口が1人でさっさと爆睡。いびきまでかいて熟睡したのには、恐れ入った。寝ているのは、人形やぬいぐるみ、大量のおもちゃが供えられた薄気味悪い座敷わらしの部屋です。途中、ドンドンと奇妙な音がしたのに、飛び起きることもなかった。あんな場所で高いびきをかける神経だからこそ、芸能界でやってこられたんだろうと納得しましたね」(女性誌記者)

 放送翌日、矢口のブログには、自身の爆睡を笑い飛ばす記述が。矢口の心臓に毛が生えているのは、疑いようもない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々