芸能

「40でひと目惚れって…」篠原涼子、爆死ドラマへの集中砲火が止まらない!

20151105shinohara

 視聴率女優・篠原涼子が2年半ぶりに主演していることで話題のドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)。注目度の一方、放送開始早々、視聴者から「キャストも脚本も設定もすべてが古すぎる」「篠原のイイ女ぶりが痛い」など、ネットで集中砲火を浴びているが、じつはそのウザさゆえに、ハマっているアラフォー女性も多いというから驚きだ。

「文句を言いながらも『ベタな展開に惹きつけられる』と、30~40代の女性たちが楽しみに観ているドラマのひとつだと思います。篠原が不自然すぎるほど髪をかきあげたり、ワイングラスをぐるんぐるん回しまくったり、昔付き合ったクズ男と元サヤに戻ったり‥‥もうツッコミどころ満載のコテコテ&ベタベタなシーンに、『そんなヤツぁ、いねえよ!』と力いっぱいに悪態をつく。そして次の日、職場で悪口のネタにするんです。ストレス発散できるという意味ではなかなかのドラマです」(女性誌ライター)

 駄作にも必ずファンはいるという真理そのものだが、実際に感想を聞いてみると、

「ドラマの中でこの勘違いオバさん女子にツッコむ役どころが絶対に必要だと思うけど、そういう人が誰も登場しないので、テレビを観ながら自分がツッコむしかない」(30代事務OL)、「ありえない設定にまったく感情移入できないので、コメディのように“なんじゃそりゃ”って笑いながら観てます」(50代主婦)、「40代は別に不特定多数にモテたいわけじゃないです。ましてや、年代的にひと目惚れなんてありえない! 恋に落ちるシチュエーションをもっと真面目に考えてください」(40代スタイリスト)と集中砲火!

 強引な盛り上がりで視聴者から失笑される「オトナ女子」。これもひとつの炎上商法だろうか?

(山内純)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?