芸能

大橋未歩アナ、星野源…急増する「若年性高血圧」、血圧はコレで簡単に下がる!

20151106kouketsuatsu

「犬神姫(わんこ)にくちづけ」「ヨメがコレなもんで」などで知られる漫画家の宮田紘次氏が10月22日に、34歳の若さで亡くなった。死因は高血圧からの脳内出血ということらしい。

 有効な対策は降圧剤だけ、とも言われている高血圧だが、実は安全かつ簡単に血圧を下げられる方法があったのである。脳卒中は中高年の病気と思われがちだが、テレビ東京の大橋未歩アナやミュージシャン・星野源らの発症が報じられるように、若年時の高血圧による脳内出血は増えている。

「不規則な生活、食やストレスなど、若年者の脳卒中にはさまざまな原因があります。夜中や朝方といった時間に脳卒中による突然死が起こりやすいとされているのは、この時間帯が最も血圧の変化が急激になるため。死亡率が75%にも及びます」(相模原中央病院・中野重徳名誉院長)

 対策としては運動や食事制限、降圧剤の服用が一般的。しかし、薬には副作用がつきものだし、運動や食事制限なども、ストレスが溜まってしまう。だが簡単に血圧は下げられるという。

「ツボを押すだけで簡単に高血圧を改善できてしまう」

 こう話すのは「ズボラでも血圧がみるみる下がる49の方法」(アスコム)の著者である渡辺尚彦医学博士だ。

 やり方はいたって簡単。手の指の股、つまり親指と人差し指が交差するところにある部分が、「合谷(ごうこく)」というツボ。その周囲をまんべんなくもみほぐすだけです。指の腹で3~5分ほど、痛いくらいの強さで揉む。痛みを我慢しながら続けていると、筋肉の硬い部分がほぐれ痛気持ちよくなり、上半身がポカポカしてきて、リラックスしてきます。前出・渡辺氏の著書にはこう書かれている。

〈この指圧を行なうと、1回で20~30mmHgくらい血圧が下がり、さまざまな心身の症状が改善する。ここを押せば、血圧ばかりか五十肩、頭痛、腰痛、歯痛、疲れ目なども改善する〉

 著書には他にも数々の、従来のイメージを大きく覆す楽しいやり方が述べられている。ガマンなし、挫折なし。読んですぐ効くお手軽テクニックばかりだから楽しい。

(谷川渓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
2
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
3
吉高由里子、「本番しなくていい?」迫った!/女優「初脱ぎ・初ベッド」秘話(1)
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「22歳で死去」木村花さんの「凄絶現場」を格闘技ライターが克明証言