芸能

本当に一夜限り?「学校へ行こう!」高視聴率でテレビ各局がV6争奪戦

20151106v6

 1997~2008年に放送されたV6出演のバラエティ番組「学校へ行こう!」(TBS系)が3日、一夜限りの特別番組として復活。平均視聴率17.8%の高視聴率をマークした。

 ネット上では放送前から同番組に関する情報があふれ、視聴後は「ええ番組やこれは‥‥」「感動をありがとう!」などの絶賛の声とともに「レギュラー化をのぞむ」といった意見が多数書き込まれたのだった。

 近年は個人活動が多かったV6だが、今回の番組の好評を機に、グループとしての存在感を改めて見せつける結果となった。

 95年にデビューしたV6は、森田剛、三宅健、岡田准一の年少組・通称カミセンと、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦の年長組・通称トニセンというメンバー構成。デビュー以来毎年行われていたツアーやイベントが昨年はなかったため、ファンの間では「もうV6としての活動は見られないのか」と不安もあったが、大晦日の紅白に初出場を果たしファンを喜ばせた。

「最年少だった岡田も今年で35歳。10代から見れば立派な“オッサン”世代になりました。デビュー20周年の今年はグループとしての活動に力を入れるみたいですね」(芸能記者)

 それにしても、かつての人気番組だったとはいえ、今回の視聴率は快挙と言ってもいい数字だ。

「デビュー当時はカミセンの3人が“俺が、俺が”的な感じで尖がっていたところもあった。ですが、先日の放送ではいい意味で肩の力が抜けていて、オトナの包容力をみせてくれた感がありました。オッサンになったと言われればそれまでですが、それぞれのメンバーがいい雰囲気になった今、V6は改めて老若男女に愛されるグループになるのではないでしょうか」(芸能ジャーナリスト)

 数あるジャニーズ番組のなかで“嵐”が低迷し始めている昨今、各局はV6での新番組企画を急がせることになりそうだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」