芸能

史上最高の成り上がり!どん底から武道館にまで登りつめたアーティスト

20151113aoi

 11月2日、あるアーティストが初の日本武道館ワンマンライブを成功させた。当日のチケットはソールドアウトとなり、約8000人のファンを熱狂させたという。

 そのアーティストの名前は藍井エイル。

「彼女は2011年に顔の一部を隠して『謎の美少女ヴォーカリスト』としてデビュー。その後、2作目からは素顔を公開し、透明感のある美しい顔立ちで人気アニメの主題歌をいくつも担当するなどして、多くのファンを獲得しました。また今年発売したアルバムはオリコンチャートで4位にランクインしたほか、世界ツアーを行うなど、日本だけでなく海外からも絶大な支持を集めています」(音楽ライター)

 そんな藍井は、今年5月にミュージックステーション(テレビ朝日系)の出演を果たしたほか、新曲はGLAYのHISASHIがプロデュースするなど、着実にトップアーティストへの階段を登り始めている。

 しかし、そんな彼女が注目を浴びる度に話題となるのが、過去の黒歴史である。藍井が歌手デビューする以前、有沢ゆいという名義で大胆に肌を見せたイメージDVDを発売していたことは、多くのファンに知られている。さらに当時の写真や映像には、生々しいまでの傷跡が手首、腕や太ももにはっきりと確認できることも話題となった。

「藍井は歌手デビューして以降は、痛々しい傷痕を長袖や大きな手袋で隠しています。ただ彼女の黒歴史はそれだけではありません。現在、ネットでは彼女がアップしたと疑われている、過激な自撮り画像までもが流れ出ており、検索すれば誰でも観覧可能な状態にある。そのため、それほどの過去があるにも関わらず、今回、自分の力で武道館ライブを成功させた彼女に対し、ネットでは『人生9回裏2アウトからの逆転ホームラン女!凄い!』『史上最高の成り上がり』と称賛の嵐が巻き起こっているのです」(芸能記者)

 そんな藍井は、2016年も3月から全16都市を回るライブハウスツアーが予定されており、精力的に活動していくようだ。彼女にどんな過去があろうとも、ここまで這い上がってきた事実は、ファンに夢と希望を与えているのかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!