スポーツ

浅田真央、羽生結弦でも太刀打ちできない“もうひとつのスケート”のスゴさ

20151126asada

 スポーツなどの、普段は見ることのできないシーンや、テレビ放送の舞台裏、普通は聞こえない試合中の選手たちの言葉を読唇術でひも解くなど、さまざまなシーンを切り取って見せる「キリトルTV」(テレビ朝日系)。

 11月22日放送の同番組では、スケートがテーマに取り上げられた。同じスケートでも、速さを競うスピードスケートと優雅さを競うフィギュアスケートでは、スケート靴は真逆な発想で作られているという。もしこの両者が互いの競技用の靴を履いたらどうなるか。

 そのテーマに合わせて登場したのは、トリノ五輪フィギュアスケート金メダリストの荒川静香と長野五輪スピードスケート金メダリストの清水宏保。

「フィギュアスケートの刃は4.4ミリくらいの厚さで、細かな動きがしやすいよう前後は短いんです。対してスピードスケートの靴は1.2~4ミリと刃が薄いうえに刃渡りも長く、安定性がある作りです。いくらメダリストでも違いが大きすぎて、履いて動くだけでも大変でしょう」(スポーツ紙記者)

 実際、番組では「刃が薄くて怖い!」という荒川も、「安定が悪い」という清水も、靴に慣れるまで1時間。やっと履きこなして競技を開始したが、靴を履く前には「2回転くらいできそう」と豪語していた清水もフィギュアでは尻餅をつき、またぐような1回転がやっと。荒川のスピードスケートも「曲がれない」「止まれない」とへっぴり腰で、清水が20秒近い大差をつけ圧勝。

「当然の結果でしょう。荒川さんの時代より数段、難易度の高い技術をこなす浅田真央選手や羽生結弦選手だって、フィギュアの靴でなかったら、同じ結果ですよ」(前出・スポーツ紙記者)。

 改めて、選手たちのすごさがわかる実験だった。

(大門はな)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?