芸能

新垣結衣、女優人生最大サービスシーンに視聴者が「神回」「落胆」に真っ二つ

20151127aragaki

 11月22日に放送された新垣結衣の主演ドラマ「掟上今日子の備忘録」(日本テレビ系)7話の視聴率が9.3%だったことがわかった。この回は原作では重要なシャワーシーンがあったため、放送前から注目を集めていた。

「バスルームで倒れているシーンでは、新垣のナマ足、そして肩から胸元までが露わになっていました。実際にはすべて脱いでいるわけではないのでしょうが、見た目は明らかに生まれたままの姿。これまでセクシーなシーンを封印してきた新垣にとって、女優人生で最大級のサービスカットだったのは間違いない。視聴者からは“神回”と絶賛の声が聞こえる一方、バストは無理としても背中が大きく露出したカットなら拝めるのではないかと前のめりになりすぎていたファンからは“思いきりが悪い”と捉えられ、『嘘でしょ…』と落胆の声が上がりました」

 これまでフトモモ回、水着回、コスプレ回と新垣の色っぽいシーンをエサに視聴率につなげようと仕掛けてきましたが、ほとんど効果が出ないままジリ貧状態となっていた。しかし、7%台まで落ちていた視聴率を盛り返したことで、今回は「脱ぎ損」とはならなかったようだ。

 そんな新垣はドラマに並々ならぬ意気込みで臨んでいるという。日本テレビ関係者が明かす。

「深夜、スタジオの近くで眼鏡とマスク姿で、なにやらブツブツとつぶやきながら周囲をウロつく不審な女性がいたんです。よく見ると新垣さんだった。彼女はセリフを覚えるのが苦手で、普段は手などに書き込んで覚えている。ところが、今回の役は、記憶が一日でリセットされてしまう探偵。大事なことを身体にメモ書きしているという設定上、いつものやり方が使えない。それで、以前『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)に出演した時に、共演の堺雅人が徘徊しながら台本を覚えているのを見て、それをマネしているんだそうです」

 セリフ覚えも大事だが、“露出”にも気合を入れて視聴率アップにつなげてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは