芸能

真木よう子、「消えたバスト」騒動で指摘される24歳時の“不自然な肥大化”

20151127maki

 女優の真木よう子が13日、自身のインスタグラムで公開した“激ヤセ写真に心配の声があがっている。

「自慢のGカップはぺったんこで、そこにあるのは筋ばった骨と皮のみ。鎖骨どころか肋骨までくっきり浮かび上がる有様です。目の下にはクマもできて、カラダに異変があるのは明らかでした」(芸能記者)

 この「消えたバスト」をめぐって、ネット上では彼女の“不自然な”バストの歴史が改めてクローズアップされる事態になっている。

「検証サイトを見ると、19歳時のグラビアではこれといった膨らみもなく、推定BかCカップといったところ。21歳時のオムニバス写真集ではスリーサイズはB83・W59・H93とありますが、この時も小さいとは言わないまでも“並”といったところです。それが2006年の24歳時に第30回山路ふみ子映画賞 新人女優賞を受賞した時には、突然胸元が肥大化。その写真を掲載した雑誌では『最後のスイカップ』『推定92センチのG乳女優』と紹介されています。そして、この頃から現在に至るまでスリーサイズは非公表になっています」(芸能記者)

 肋骨が見えるほどガリガリになった真木のバストは、再びあの膨らみを取り戻すのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋
2
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
3
“DNA”のエース!?横浜DeNA綾部投手の「18人不貞」にネットが大喜利状態!
4
長瀬智也の「地獄で会いましょう」ジャニー社長追悼に込められた“ケジメ”
5
すでに練習開始?24時間テレビ、未発表の走者に浮上した「最近激ヤセ」アナ