芸能

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<07年第58回>「友達の詩」中村中】

20151210j

 AKB48や中川翔子、リア・ディゾンが「アキバ枠」として話題をさらった07年、さらに異色のシンガーがいた。戸籍上は男でありながら、史上唯一の紅組での出場となった中村中(あたる)(30)のこと──。

──厳密には05年、ガレッジセールのゴリが「ゴリエ」というキャラクターで紅組から出場したことはあります。こうした“飛び道具”ではなく、正統派で紅組から出場したことは例がない。どちらの組で、という協議はありましたか?

中村 それはなかったですね。出場が決まると同時に紅組で、という流れだったと思います。

──紅白出場時は22歳ですが、披露した「友達の詩」は15歳で初めて作った曲だったとか。

中村 まだ「性同一性障害」という言葉も確立されておらず、私は人と違う気がする。自分は何者なんだろうか、愛することはいけないことなんだろうか、いや、そんなことはない‥‥。そんな自分自身のアイデンティティを確かめるために書いた曲で、それで出場できたのはうれしかったです。

──この曲のヒットと前後して、メディアにおける「カミングアウト」も話題になりました。

中村 そうですね、知ってもらういい機会になるのかなと思いまして。

──さて、この年の紅白は紅組の司会がSMAPの中居正広、白組が笑福亭鶴瓶というイレギュラーな組み合わせ。歌の前には性同一性障害であることの紹介VTRが流れ、さらに鶴瓶が母親からの手紙を読み上げるという丁寧な演出。

中村 そうでしたね。母親からの手紙に「親不孝かもしれないけど、こうして歌っていくことが親孝行」と返していますね。

──ただ、新人としては、かなり後半の出番が用意され、紅白全体の進行が約2分半の遅れ。紹介VTRや手紙のくだりをカットする指示も出たと聞いています。

中村 私もあとで知りました。隣で中居さんが何度も首を横に振っていて、その時はわからなかったんですけど、スタッフからの指示を毅然として拒否なさっていたそうです。

──中村中のエピソードはきちんと紹介すべきだという瞬時の判断ですね。

中村 はい、中居さんにも、最終的にはNHKさんにも性同一性障害に対する理解を感じました。あのまま紹介VTRがなく歌に入ったら、同じような事情を持つ人たちが悲しんだかもしれない‥‥。

──紅白で歌っての反響はどうでしたか?

中村 私の尊敬するゲイの方がいらっしゃるんですが、それまで親にもカミングアウトできていなかったと。あの日、一緒に紅白を観ていて、親御さんから「ひょっとして、この人と同じなのか?」と聞かれ、初めて打ち明けられたそうです。

──広いステージでの歌い心地も格別だったと思います。

中村 新人では異例なのですが、私のバンドを率いての生演奏だったんですよ。セットチェンジにも時間がかかるのに、それをOKしてくれたNHKさん、当時のレーベルのエイベックスさん、そして、当時の所属事務所にも感謝しています。

──紅白の長い歴史の中でも、紹介VTRからの流れを含めて「名場面」にカウントされています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故