芸能

朝ドラ「あさが来た」、高視聴率なのは波瑠と夏目雅子がそっくりだから?

20151212haru

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」が、今月に入って視聴率27.2%を記録。「花子とアン」「あまちゃん」の最高視聴率を破り、「ごちそうさん」の27.3%に肉薄。好調の秘密をある制作スタッフは、こう分析する。

「幕末から明治・大正時代を描くのは、朝ドラ史上初めて。九州の炭鉱が舞台になるなど、大丈夫かという声もありましたが、その分、波瑠と宮崎あおいを主演に起用したキャスティングが功を奏し、高視聴率につながりました。年末に向けて、さらに視聴率アップが期待できそうです」

「花子とアン」では、若手の吉高由里子と大河ドラマで主演も務めた仲間由紀恵の二人をダブル主演に起用して成功を収めている。今回はさらにパワーアップ。朝ドラと大河ドラマ、両方で主役を務めた人気女優・宮崎あおいを起用。ヒットする要素を巧みに盛り込んだと言える。だが、成功の要素はそれだけではないという。

「実は、主演の波瑠が、伝説の女優・夏目雅子によく似ていると、ネットで話題を呼んでいるんです。ツイッターをリサーチする『ついっぷるトレンドHOTワードランキング』では、先月の11日、『あさが来た』が3位にランクイン。特に、あるセリフが夏目のあの決めゼリフを彷彿とさせると言われています」(前出・制作スタッフ)

 そのセリフとは、炭鉱の責任者として働く男たちに対して、啖呵を切るこのセリフ。

「おなごやゆうて、なめたらあきまへんで!」

 確かに、「鬼龍院花子の生涯」で夏目が放った「なめたらあかんぜよ!」の決めゼリフとそっくり。もしかすると、わざと似た決めゼリフを言わせたのかもしれない。

「波瑠は、2年ほど前にドラマ『いねむり先生』(テレビ朝日系)の中で、夏目の役を演じたことがあるんです。その当時から、よく似ているという声が上がっていました。スタッフは、初めから夏目雅子二世として、売りだそうと考えていたのかもしれませんね」(テレビ誌記者)

 これからさらに、夏目バリの啖呵がドラマで見られるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)