芸能

misono、何度注意しても「ふとももぱっくり」「バスト全開」の見えちゃうアクションにスタッフが辟易

20151212misono

 タレントのmisonoの見えちゃうアクションにブーイングが相次いでいる。制作会社関係者が漏らす。

「彼女はオーバーアクションで有名。トーク中に、手足をバタつかせたりする時に、すぐにアンダーウェアがチラリと見えてしまうんです。当然、編集しないといけなくなるので、カンペなどで『注意』と書いて出すと、最初はいいんですがすぐにまたお股が開くんです。なので、本人はいつもサービス精神旺盛なんですが、残念ながらオンエアの時間は短くなる傾向があります」

 そんな彼女の大胆露出がまたもや飛び出したのが、12月6日に放送された「旅ずきんちゃん」(TBS系)でのこと。司会の大久保佳代子とタレントのざわちんと3人で温泉に訪れ、フリートークに花を咲かせていたが、ここでも目が釘付けとなったのが、トークの内容よりもmisonoのポロリ寸前のバストだった。

「内容的にはいつもの過去の恋愛話などをぶっちゃけていましたが、その会話中、徐々にmisonoの巻いていたバスタオルが徐々に下に下がってきて、タオルからバストがこぼれそうなほどでした。あわや放送事故レベルでしたよ」(放送作家)

 ところが、CMを挟むと彼女の首から白いタオルがかけられ、バスタオルの乱れを完全ガード。ところが、またもやトークがヒートアップすると、白いタオルはどこかへ消え、胸の谷間全開のまま放送は終了。

「彼女の暴露トークもここにきて賞味期限切れ。そこでセクシー路線に方針転換したいようですが、関係者の評判は最悪です。とにかく間髪いれずに他人の会話に入るわ、チラ見せも女性の視聴者を考えるとカットせざるを得ない。とにかく編集マンからは『面倒臭いオンナ』との陰口も出ています」(前出・制作会社関係者)

 何かと生き残りのためのサービス精神が裏目に出るmisono。嫌われ女の面目躍如と言ったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!