芸能

歴代最低視聴率を記録!大河「花燃ゆ」の総括は「井上真央は悪くない」!?

20151216inoue

 12月13日、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」が最終回を迎えた。開始当初から、その内容よりも伸び悩む視聴率ばかりが話題となった今作品。最終回も12.4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)と奮わず、全50回の平均12.0%は、12年の「平清盛」と並んで史上最低視聴率を記録することとなった。

 この結果に、ネット上では「当然のこと」「おもしろくなかった」「途中で観なくなった」など、低視聴率も納得のコメントが多数書き込まれたが、意外なことに出演した役者陣に対する擁護の声も少なくない。

「『出演者は頑張っていた』『お疲れ様と言ってあげたい』などの書き込みが目立っています。視聴者がついてこなかった原因はほかにあるんです。よく耳にしたのは、主人公が常に脇役だったこと。兄(吉田松陰)や夫(久坂玄瑞)が時代に翻弄されて死んでいき、それを見守り、耐え忍ぶ姿ばかりだった、と」(芸能ライター)

 5月の会見で、NHKの籾井勝人会長は主人公が軸でないぶん「前半は話がばらけたかなという気がする」と語った。それも視聴者を取り込めなかった原因の1つだろう。

「脚本家が多かったことも影響しているのではないでしょうか。無名に近い女性が主人公ですから、資料も少ないでしょうし、脚本に苦労したことは容易に想像がつきます。しかし、最終的に4人の書き手を投入したのは大河史上初めてで、視聴者も筋が通った一本のお話と感じ取れなかったのかもしれません」(週刊誌記者)

 新年からの大河は、戦国時代最後の名将で人気も高い真田信繁(幸村)が主人公。挽回に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!