芸能

菊地亜美、「口を開けばシモネタ」は小島瑠璃子、おのののかに負けている焦り?

20151219kikuchi

 女性タレント業界の熾烈な競争を勝ち抜き、いまやバラエティ番組の常連タレントとなったのは菊地亜美である。元「アイドリング!!!」メンバーとしても知られる彼女だが、昨今はピンクトークを連発することがネットでも大きな話題となっている。

 11月に放送された「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)では、友達とプライベートで香港に遊びに行った時の話として、いかがわしいマッサージ店で「アンダーウェアをズリ下ろされた」と証言の告白。

 また、12月15日に行われた飲料メーカーのイベントでは「元『アイドリング!!!』のメンバーの中に、艶っぽい女優になりそうだなと思う子もいる」と話を展開するなど、ここでも大胆なトークを展開した。

 いまや口を開けばシモネタを言うようになった菊地だが、そんな彼女について、

「生き残り作戦を念入りに実行しているのでしょう」

と指摘するのは芸能事務所関係者だ。

「最近はテレビに定着しましたが、小島瑠璃子、おのののか、マギーといったライバルと比べると、正直言って遅れをとっている。常に崖っ淵の意識で刺激的な話題を繰り返しているに違いありません」

 そんな菊地の過激トーク連発の背景に「黒幕」の存在があるのではないか、と指摘するのは、バラエティ番組の構成作家である。

「彼女のシモネタ路線」は以前、『アイドリング!!!』の冠番組のMCを務め、現在も交流のあるバカリズムではないかともっぱらの噂です。彼からアドバイスをもらっている、と」

 熾烈な女性タレント生存競争を戦う菊地。果たして来年も芸能界に生き残ることができるか?

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?