社会

「34メートル大津波」M9南海トラフ地震の超絶破壊力!(1)列島が「不安定化」している

 去る3月31日に、内閣府の有識者会議が発表した、近い将来の発生が懸念される「南海トラフ地震」の被害想定。それによれば、「南海トラフ」でM9クラスの巨大地震が発生すると、津波高が東京の新島で29・7メートルとなるなど静岡、愛知、三重、和歌山、高知、東京の6都県に20メートルを超える大津波が襲来。さらに高知県黒潮市では津波高は34メートルにもなるといい、これまでの想定を大幅に上回る最悪の被害想定となっているのだ。

 ところで、「トラフ」とは海溝のこと。駿河湾から四国沖に延びる「南海トラフ」は、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界で、周辺では過去に何度か大地震が発生している。
 1605年の慶長大地震(M8)は、千葉県の犬吠埼から九州にかけ巨大津波が押し寄せているが、これは南海トラフの東海、東南海、南海の3つの震源域で同時に発生した連動型の巨大地震と考えられている。
 一方、1707年、富士山が大爆発(宝永の噴火)した1カ月前にも、南海トラフで連動型の巨大地震(M8・7)が発生し、多数の犠牲者を出している。
 東海大地震予知研究センターの竹内昭洋特定研究員が言う。
「今回、内閣府が発表した想定は東日本大震災の直後ということで、最悪の想定をしているので、30年以内に88%と言われる東海地震が起きたからといって、必ず連動型の巨大地震になりM9を記録するとは限りません。ただ、最近、日本列島は岩盤にこれまでとは異なる力がかかり、動かなかったところが動いて非常に不安定になっていることは事実です」
 過去にも、巨大地震が間を置かず別の場所で起きているケースも複数ある。1854年(安政元年)に発生した東海地震の翌日に南海地震(M8・4)が、1944年に発生した東南海地震(M7・9)の2年後の46年には南海地震(M8・0)が起きているのだ。「しかも、東海地震の震源域の御前崎付近の地盤は今沈降している。これが止まった時が危ないと言われています」(防災に詳しいジャーナリストの村上和巳氏)
 では、南海トラフで巨大地震が発生した場合、首都圏はどうなるのか。
 地震発生後、約100分で津波は東京湾の最奥に到達。先の被害想定では千葉・館山に9メートルの津波が押し寄せるという。それは浦賀水道を経て、しだいに減衰、湾奥(都内)に到達する頃には2メートル前後の津波となる。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
4
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
5
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?