芸能

郷ひろみが「紅白」1番手を務めるのは「家族愛」と「松田聖子」が理由?

20151231go

 大晦日の紅白歌合戦にて、郷ひろみが白組のトップバッターとして全体でも最初の出番を務めることとなった。郷が1番手として出演するのは実に35年ぶりのこととなる。白組2番手のSexy Zoneははるかに後輩だが、この順番で問題は生じないのだろうか。テレビ誌のライターが解説する。

「郷はそういった序列は気にしない性格なのでしょう。前回トップバッターを務めた1980年の第31回でも、郷の次は初出場となる田原俊彦でした。いくら5年前に移籍しているとはいえ、元ジャニーズの郷は田原にとっては大先輩なはず。しかし、郷はトップバッターという出番を楽しめるタイプで、自分の後など気にもしていなかったはずです」

 たしかに郷なら、まだ温まっていない会場を自分のパフォーマンスで一気に盛り上げたいと考えても不思議はないだろう。とはいえ、Sexy Zoneやセカオワよりも前という出番には違和感もある。そんな郷には今年、どうしてもトップバッターにこだわりたい理由があると指摘するのは芸能ライターだ。

「21時スタートが定番だった昔とは違い、いまの紅白は19時15分スタートと開始時刻が繰り上がっています。この時間なら小さな子供でもまだ起きていられるでしょう。おそらく郷は紅白で歌う自分の姿を、1歳6カ月になった子供に見せたいのではないでしょうか」

 2012年に三度目の結婚を果たした郷は、昨年6月に双子の男児を授かっている。1歳6カ月ともなれば、テレビで歌う父親のことも認識できるはず。その愛息たちに向け「オヤジはこんなに頑張っているんだぞ!」とアピールしたいと考えても不思議はないはずだ。さらに芸能ライターが続ける。

「紅組のトリは、かつては結婚間際とさえ言われたこともある松田聖子。新たに子供を授かった今、その聖子から最も遠い出番となるトップバッターを務めることは、いまの妻に対する最大級の愛情表現にもなるでしょうね」

 郷の本心はともかく、60歳でトップバッターに登場する姿はまさに、粋だねと評判になることに違いなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚