芸能

「報ステ」降板の古舘伊知郎が狙うのは来年のNHK紅白の総合司会!?

20151231hurutati

 ニュース番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)のキャスターを務める古舘伊知郎が、来年3月で降板することが決まったという。報ステ以外ではまったく見ることのない古舘だが、まだ61歳と老け込む年齢ではない。唯一のレギュラー番組を失っても大丈夫かと心配になるが、テレビ誌のライターが番組の実情を踏まえて推測する。

「少なくとも生活面での心配はまったくないでしょうね。報ステの制作には自身が所属する古舘プロジェクトが全面的に関わっており、いわば同プロあっての番組です。その報ステが継続することは決まっているので、これまで同様に古舘プロジェクトには制作費が入ってくることになります」

 どうやら古舘は報ステ降板後も悠々自適の生活を送れそうだ。となると、今後は長年のキャスター経験を活かした活動を行っていくことになるのだろうか。同ライターは、こんな見方を示してくれた。

「報ステは左系メディアの代表的な番組とされていますが、古舘本人はあくまで番組の代弁者に過ぎず、これといった思想はないようです。政治や経済に対する見識の浅さを露呈する発言も多く、言論人や文化人としては厳しいでしょう。一方で若かりし頃はプロレス実況で人気を博しましたし、フリー転身後も長らく『夜のヒットスタジオ』や『おしゃれカンケイ』のMCを務めていました。今後は報ステ出演で封印していたバラエティ色を、復活させるのではないでしょうか」

 そんな古舘は、民放アナ出身者としては初めて、NHK紅白歌合戦の司会を務めたという実績も持っている。しかも、何かと話題の和田アキ子と一緒に番組をやっていた縁もある。もしかしたら来年に噂される和田アキ子の紅白卒業を、総合司会として見届けたいという野望を抱いている可能性もありそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!