スポーツ

今年は特に!プロ野球がつまらなすぎるツ(3)

緊急提言プロ野球ファン代表
やくみつるが嘆く「人気低迷の理由」
「分業制の確立で大エースがいなくなった」


 日本プロ野球を長年見守り続けてきた、森羅万象漫画家・やくみつる氏も野球人気の低迷には嘆いている。この危機にファンを代表し、復興のための秘策を披露してくれた。

「最近のプロ野球で『つまらない』と感じるのは、先発完投型の大エースが年々少なくなったことですね」
 近代野球では、投手生命を守る意味もあり、ピッチャーの分業制が確立されている。ところが、この制度こそが悩ましいものだと断言するのである。
「中継ぎ、抑えを駆使しないと対応できないほど打撃技術が向上したのかもしれません。それに、かつての横浜・佐々木や阪神・藤川のような抑えのスターが出たのも、分業制の恩恵だとは思います。それでもファン心理としては、ピッチャーは完投してこそ。みんな大エースが投げ勝つ姿を見たいんです。斎藤佑樹が5回まで投げればOK、というのでは見応えが違う」
 現在の球界で大エースの看板にふさわしいのは、日本ハムのダルビッシュ有だけだろう。やく氏もその実力を認めるが、確実視されるメジャー移籍には渋い顔。スターの米国流出も人気低迷の一因と考えられる。
「本来ならば、球団が何としてでも引き止めなければいけない。札幌ドームを資産としてダルに差し出してもいいとさえ思います。それくらいの価値はある」
 選手たちのメジャー志向が一時の「はやり病」のようなものであってほしいと言う。そのうえで、失敗しても戻ってくればいい、という風潮にも一刀両断─。
「極論ですが『メジャーに行ったらもう日本の土を踏ませない!』くらいがいいと思います。選手たちは、自分がメジャーに行くことで日本の野球が衰退する、という意識がないんでしょう。日本にとどまって『俺が客を呼んでやる!』という男気が欲しいですね。そもそも、イチロー(マリナーズ)や松井秀喜(アスレチックス)クラスでやっと向こうでもスターになれた。日本であれだけ記録を残した上原(レンジャーズ)ですら中継ぎというこの現状を考えると、『何も好んでリスクを冒さなくても‥‥』と思いますけどね」
 メジャー移籍に限らず、頻発する国内のFA移籍やトレードにも苦言を呈する。
「今あの選手はどこにいるんだ? そんな状況が多すぎて、チーム愛の度合いが低くなりがち。しかもFA移籍では、ちょっと(金額を)くれてやりすぎでしょう。前の球団に入団する時にも高額の契約金までもらっといて何やっとるんだ、と。こうなったら、ファンによる『プロテクト』を提案したい。球団に必要だと思う選手をファン投票のような形で決定して、選ばれた選手は他球団への移籍もメジャー挑戦も許されない。裁判だって素人が参加する時代。プロ野球にも素人の民意が反映されたっていいじゃないですか」
 さらに、こんな腹案まで披露してくれた。
「テレビ中継も、せめてCSではなくBSでやること。どうせ野球中継に代わってみんなが困るような番組なんてないんだから。制作費がかさむというなら、中継カメラの台数を減らせばいい。それだけで観戦できるプロ野球ファンがどれだけ増えることか。個人的には、鳴り物や歌の応援を一切禁止した『ヤジの日』を設けてほしい。ヤジが飛び交う、“昭和のプロ野球”の下品な球場を取り戻したい。選手をほめそやすだけ、容認するだけ、というファンの姿勢を変えることも野球をおもしろくするためには必要だと思いますね」
 球界改革のためにも、関係者、ファン一同で考えていかなければならない。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…