芸能

ロンブー田村淳が「ベッキーに便利なホテルを教えた疑惑」を速攻で否定!

20160202ronbu

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、ベッキーに対するコメントを相次いで発している。まずは1月25日発売の週刊誌にて、ベッキーの記者会見について「あれが最大の悪なのだ」と断罪。質問を受けないで会見を終わらせたことや、世間が知りたいことについて答えなかったことを批判しており、何ら目新しい視点は提示していないものの、ベッキーのことを「どう考えても悪い!」と痛烈に非難してみせた。

 そして1月28日にはツイッターで、「僕がベッキーに週刊誌に見つからないホテルを教えてる事になってる!!!」とツイート。これは週刊文春の記事に自分の名前が取り上げられたことについて反論したものだ。これらの発言について芸能ライターが語る。

「いま芸能人が自分からベッキーについて発信するのは、あまり利口な態度ではありません。仮に週刊誌で名前が取り沙汰されたとしても、根拠のない記事だとしてスルーすればいいだけのこと。そこで反応してしまうと、妙にベッキー問題に入れ込んでいるという印象を世間に与えるだけです」

 そんなロンブー淳は国政選挙への出馬が取り沙汰されたことがあるなど、文化人に舵を切ろうとしている様子がありありだ。ツイッターにも社会問題や政治問題に関するツイートが並んでおり、芸能ネタは少なめ。それゆえベッキーに関する発言が連なることに違和感もある。芸能ライターが続ける。

「淳は自分の発言がどう伝わるかには非常に敏感です。北茨城を訪れた翌日に鼻血が出た経験を書いたコラムに関しては、誤解を招く表現があったとしてきっちり謝罪しているほどです。そんな淳ゆえ、ベッキーに関連して自分の名前が出てくることには敏感になっているのでしょうが、それが過剰反応に見えることにも気が付くべきでしょうね」

 ちなみに淳は、ベッキー関連の続報が週刊文春に掲載された1月21日に、「センテンススプリングをAmazonで購入しようと検索したら」とツイート。本物のバネが検索されたというオチだったが、どうやらベッキー問題に関してはギャグのキレも悪くなっているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから