芸能

笹崎里菜アナだけじゃなかった!?美人女子アナが“内定を引き寄せた”秘蔵カット

20160203sasazaki

 銀座のクラブでのバイト経歴がバレて内定取り消し騒動となった日本テレビの笹崎里菜アナ。すったもんだあった末の入社とはいえ、その“夜の仕事”で培ったオヤジ殺しの話術と美貌で彼女が内定を勝ち取ったことは間違いない。東洋英和女学院時代には「ミス・キャンパスコンテスト」に出場、その時の写真を見ても「このあとご出勤ですか?」と勘ぐりたくなるムードが満々。まさに、テレビ業界進出へのパスポートに貼る“証明写真”のごとく目立っていた。

 大学時代の1枚に“格の違い”を見せたのは笹崎アナだけではない。今をときめく人気アナから、近年入社の若手アナまで、やはり並みの一般人とは違う輝いた瞬間があった。それがあったからこその「女子アナの座、ゲット!」なのだ。

 2月3日に発売された「アサ芸シークレットVol.38」では、美女アナ14人の「わたし、コレで入社しました!! 女子アナ卒業アルバム」と題した秘蔵カットを掲載。担当編集者が語る。

「たとえば、NHKの豊満アナとしてブレイクした杉浦友紀アナ。彼女の13年前の上智大学時代『ミスソフィアコンテスト』でのカットでは、まだ艶々の肌に深田恭子ばりのロリ美貌、そしてセーターでも目立つバストがクッキリ。きっと会場につめかけた業界人も目がクギ付けになったことでしょう。フジでは細貝沙羅アナ(10年入社)の『ミス慶應コンテスト』での細すぎる美脚、現在『すぽると!』の司会を務める宮澤智アナ(12年入社)の『ホリプロタレントスカウトキャラバン』での大胆すぎるビキニ姿など、女子アナは芸能人と変わらないことが改めてわかりますね」

 さらに、昨年入社で人気急上昇中のTBS宇内梨沙アナの“隠れ豊満”カット、テレ朝の久冨慶子アナ(12年入社)が見せたまさかの純白セクシーまで、テレビ局ならずとも、おもわず「採用!」と言いたくなるお宝写真も。やはり男性視聴者にとって、女子アナは最も理想に近い“高嶺の花”なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故