芸能

フリー予備軍女子アナ8人を芸能界ホンネ評価!(2)日テレ・水ト麻美アナはフリーでも需要大

20160211r

 女子アナ評論家・丸山大次郎氏が「フリーになったら最も成功しそうな女子アナ」と語るのは、「オリコン」の「好きな女子アナランキング」で3連覇を果たした、日本テレビの水ト麻美アナ(28)である。

「上層部は(独立するのではと)ビクビクしている。プロデューサーに『内偵』を依頼する動きもあり、彼女の機嫌をうかがっている状態」(日テレスタッフ)

 しかし、芸能界、テレビ業界は「その日」を待ち焦がれている。

「フリーになったらギャラはカトパン以上。テレビ、イベント出演料は1時間拘束で100万~200万円でしょう。CMの契約料もAランクです」(広告代理店スタッフ)

 芸能評論家の佐々木博之氏も、争奪戦を予想する。

「局と円満退社すれば、既存の番組は引き継がせるはず。それだけで1億円の収入を得る。さらに、もはや食レポといえば水トアナ。彼女がおいしそうに食べると、その店の人気が出ると言われます。ワイドショーに食は欠かせない分野なので、多方面からオファーが舞い込むでしょう」

「水トアナ=食」のイメージは強力で、

「食品系のCMがバンバン決まるでしょう。『食べている姿がおいしそう』なんて水トアナでしかありえない評価。『オリコン』3連覇は老若男女全ての支持を得られないと成し遂げられない功績です。彼女がタレント活動のオファーまで受けるとなると、他のタレント、女優が戦々恐々となるすごい存在にもなりかねない」(前出・丸山氏)

 一方、「予備軍」ではないが、同じ日テレを1月いっぱいで退社し、フリーとなったばかりの上田まりえ(29)については、日テレの制作スタッフが、

「音楽の話題を振ると、聞いたこともないインディーズバンドの名前を出してくる。スポーツ局のディレクターに好きな現役のプロ野球選手は、と聞かれて『クロマティ』と即答したのは有名な話です。放送事故が怖くて、バラエティのフリートークなんか任せられません」

 と不安を口にするが、芸人を多数抱える「松竹芸能」所属は有利な要素だ。

「芸人とセットで売れる強みがあります。例えば笑福亭鶴瓶(64)やTKOの出演番組で『MCはウチの上田でお願いします』と。松竹芸能が所有する劇場『角座』で司会や軽いコントをやらせる話もあるようです」(前出・広告代理店スタッフ)

 一方、日テレの若手の中から、「スッキリ!!」に出演中の岩本乃蒼アナ(24)を推すのは前出・佐々木氏だ。

「武井咲(22)に似ていて、おまけにブラウスがはちきれそうなほどの胸の持ち主なんです。フリーで勝ち残る条件の一つに、大きなバストがある。まだアナウンスに慣れていないのか、恥ずかしげに、控えめにしゃべっているのが非常にいい。モデル出身なので、タレントに転向しても各分野でイケるでしょう」

 目下、男性視聴者の心と下半身をワシづかみ中である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス