芸能

天才テリー伊藤対談「世良公則」(3)デビューの頃には悔しい思いも‥‥

20160211q-2

テリー そんな世良さんも昨年12月に60歳を迎えたということで、おめでとうございます!

世良 ありがとうございます。還暦になりました。

テリー どうですか、あらためて60歳になった気分は。

世良 いやぁ、テリーさんもそうだったと思いますけど、誕生日を1日挟んだだけで何かが突然変わるわけじゃありませんから。でもやっぱり、ライブイベントなんかに出ると「出演者中で最年長」っていうことが増えましたね。

テリー ああ、僕も仕事の現場では、ほぼ最年長ですよ(笑)。

世良 ライブイベント後って、だいたい軽い打ち上げがあって、みんなで乾杯するんですね。で、昔は先輩の挨拶を聞いて「乾杯!」って言ってるだけだったのに、最近は「最初の挨拶は世良さんに」とか言われることが多くて(笑)。

テリー 下の世代に、だんだん押し上げられていきますよね。

世良 でも、それが嫌かというと、実はそんなこともなくて。というのは、僕らが20代でデビューした頃にいちばんつらかったのはロックの世界に上の世代がいないことだったんですよ。

テリー そうか! いちばん上の世代って、内田裕也さんあたり?

世良 そうですね。で、その下の矢沢(永吉)さんとか宇崎(竜童)さんになると、まだ30代という時代でね。演歌界ではもう、50代、60代の大先生がいらっしゃって、脈々とカルチャーが受け継がれている感じがありましたよ。

テリー う~ん、当時日本のロックはまだ文化になってなかったんだ。

世良 層も薄かったし、ほとんど認められてませんでしたから。ツイストも「あんなのロックじゃない」とか「ミーハーなバンド」だとか言われて、ずいぶん悔しい思いもしてきましたよ。でも、自分が60歳になったということは、それだけ日本のロックの年輪も広がってきたということなので、素直にうれしいですね。

テリー へぇ~、ツイストでも、そんなこと言われたんですか。でも確かに、ロックバンドなのにアイドルみたいにキャーキャー言われてたし、独特の存在感がありましたよ。

世良 でも、テレビなんかでそういう人気が高まるほど、当時のロック界隈からは「あいつらと一緒にしないでくれ」みたいな空気が出てたんですよね。

テリー それは嫉妬だね。

世良 ビートルズもローリング・ストーンズも若者に熱狂的に支持されてたから、僕はそれが当たり前だと思ってたんですけどね。

テリー やっぱりツイスト時代はモテモテでしたか?

世良 いえいえ。

テリー またウソばっかり! そんなわけないじゃないですか!

世良 いや、僕すごく無愛想でしたから、女の子だけじゃなくて、当時、話しかけてくる人なんてほとんどいなかったですよ。僕、一時期ゲイだと思われてたこともあって。

テリー え、ゲイなんですか!?

世良 違いますよ(笑)。でも、いつも男のローディー(付き人)と楽器屋に行ったり、ギターの練習ばっかりしていたので、そう思われたみたいですよ。

テリー せっかくのモテ期に、つまんないことしてますねぇ。

世良 フフフ、みんなからそう言われました(笑)。でも当時は「昨日弾けなかったフレーズが弾けるようになった」とか、そんなことのほうが、よっぽど楽しかったんですよね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由