芸能

天才テリー伊藤対談「世良公則」(1)演じた貴船教授は真の悪人じゃない

20160211i

●ゲスト:世良公則(せら・まさのり) 1955年12月14日、広島県生まれ。77年11月、世良公則&ツイストとして「あんたのバラード」でデビュー。以降も「宿無し」「銃爪」「燃えろいい女」などヒット曲を連発。char、原田真二らとともに「ロック御三家」と呼ばれる。ツイスト解散後はソロに転向、同時に俳優業も本格的に開始。テレビドラマ「太陽にほえろ!」のボギー刑事役ほか、さまざまなテレビドラマ・映画に出演。第10回、第22回の日本アカデミー賞で助演男優賞を受賞。昨年放送されたテレビドラマ「下町ロケット・ガウディ編」では、主人公と敵対する医師を演じて話題に。2月6日には「世良公則 60th Anniversary LIVE『Birth~タカガウマレタヒ~福岡』」を、福岡サンパレスホテル&ホールで開催。

 大ヒット曲「あんたのバラード」で衝撃のデビューを飾り、日本のロックシーンを大きく変えた世良公則。俳優としても活躍し、あの話題作「下町ロケット」での悪役ぶりも印象的だった。還暦を迎えても衰えぬ硬派なロックスピリッツを前に、あの天才テリーも背筋を伸ばす!?

テリー 昨年出演されたドラマ「下町ロケット」(TBS系)は大好評でした。

世良 ありがとうございます。僕は阿部(寛)さんたちと敵対するヒール(悪役)の医師・貴船教授役でしたから、おかげさまで各方面から「お前、最低だな!」と言われて(笑)。

テリー でも、役がハマってたってことですから、逆にうれしいですよね。

世良 そうですね。小泉(孝太郎)さんを中心とした僕らヒール軍団は6話からの出演だったんです。つまり、すでにまとまりが出来上がっている撮影チームに途中参加しなければいけなくて、そういう意味でも気合いは入りましたね。

テリー 例えば、何かやられたりとか?

世良 まず現場で衣装に着替えるじゃないですか。そしたらヒール軍団全員で並んで体幹運動をするんです。「ヒール軍団、ファイトォ!!」みたいな感じで。

テリー ええっ、それはおもしろい!

世良 こちらもきちっとチームワークを作っておかないと、主人公チームが生きてこないですからね。

テリー いい現場って、撮影前の雰囲気作りもうまいんですよね。

世良 特に小泉さんは初めての悪役ということで、いろいろと悩まれていた部分もあったと思うんですよ、セリフも多かったしね。ですから、ヒール軍団のトップである彼をサポートしていくのが僕らの使命、みたいな意識はありましたよ。

テリー なるほど~。

世良 小泉さんの様子を見ながら「今、セリフがちょうど頭の中に入ってる時だから話しかけちゃいけないな」とか「緊張感をほぐすために話しかけたほうがいいのかな」とか、けっこうみんなで気を遣って現場のムードを作っていました。

テリー ヒールなのに、心が温かい集団だね(笑)。

世良 平(岳大)さんにしろ、瀧川(英次)さんにしろ、ヒール軍団はみんなふだんはすごく紳士的で優しい人たちですから。現場はいつも温かい空気でしたよ。

テリー 世良さん自身は、演じた貴船教授という役をどう考えていましたか。

世良 監督やプロデューサーと話したのは、「基本的には医者ですから、ただの悪人ではないだろう」と。物語に登場する前から人の命を助ける喜びを味わってるし、救えなかった悔しさや、むなしさも経験しているはずなんです。

テリー うん、誰だってまずは人命を救いたくて医者になるんでしょうから。

世良 ただ、大学病院という組織の中で、自分がやりたいことや上を目指すと、やっぱり他者に勝つ必要が出てくる。負けが許されない世界にいるうちに、いつしか優しさや思いやりが二の次になってしまった。大切にするものの優先順位が変わってしまったんですね。

テリー あ、それ、すごくわかるなぁ。

世良 主人公チームは「失敗しても仲間と力を合わせれば何度でも立ち上がれるんだ」ということを信じている男たち。だけど貴船は「一度負けたら全て失う」という思いで、常にゼロか100かの精神で戦っている男なんです。そういうバックボーンを持っているから、しゃべる時には表情をまったく変えないんじゃないかとか、いろいろと考えながら演じていましたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由