スポーツ

中日・落合GMの“豪腕支配”で谷繁監督が八方ふさがり(2)ドラフトでも谷繁監督の意見が通らない

20160211k

 13年10月にフロントの要職として中日復帰を果たした落合GM。その強い推薦を受け、谷繁監督は指揮官となったにもかかわらず、チーム編成に関して口を挟めない“圧力”に悩まされ続けているというのだ。

「和田一浩(43)と小笠原道大(42)=今季から二軍監督=の去就についても、谷繁監督は今季の現役続行を熱望していたが、それを無視して落合GMが2人へ引退勧告を突きつけた。佐伯貴弘二軍監督(45)にもGMは『契約更新しない』と一度は伝えていましたが、谷繁監督から関係者を通じてチーム残留を懇願されると、聞く耳を持ったとでも言わんばかりに、突然新設された『一軍守備コーチ』への転属を言い渡した。とはいえ、本来なら必要もない急造ポストに就かせたのは監督の息のかかった佐伯さんを“飼い殺し”にするためでしょう。谷繁監督は『自分で外部からコーチを連れてこようにも、あのGMがいたら断られるでしょう』と嘆いていた」

 こう語る球団関係者は、苦笑いを浮かべると、いびつな内情について次のように続けた。

「落合GMは、とにかくドラフトでも即戦力にこだわる。将来の育成を重視する谷繁監督とは考え方がまったく違います。だからGMは高校生の指名を極端に嫌う。周囲に『高校生の実力なんてテレビで見ていれば十分。それよりも未知の社会人選手のほうが俺的にはおもしろい』と話したことまであったほどです。ところが、そのGMの独断で一昨年にドラフト指名した選手たちは今も誰一人芽が出ていないですからね‥‥」

 昨秋のドラフトで中日は152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(18)を1位指名。競合の末、交渉権を外すと、昨夏の甲子園優勝投手で東海大相模のエース左腕・小笠原慎之介(18)を外れ1位で指名し、契約に至った。ようやく落合GMが谷繁監督の“高校生推し”を受け入れたかのようにも思えるが、親会社の中日新聞社関係者は否定する。

「白井文吾オーナー(88)が球団の人気向上と中日新聞社全体の販促のことも考え、1位だけは若いスター候補の獲得にこだわったんです。そもそもオーナーは落合GMにとって監督時代からの強力な“後ろ盾”。敵に回すわけにはいかないとGMも受け入れた。でも2位以下は前年同様に全員が大学・社会人の選手を指名し、GMの意見が今回も押し通されましたからね。ドラフト後、谷繁監督も『下位指名に進むと、全然意見を言わせてもらえなかった』と不服そうでした。GM権限は相変わらず絶対です」

 チームは昨季5位に終わり、3年連続Bクラスという球団史上45年ぶりの屈辱を味わった。今年で4年契約の就任3年目を迎える谷繁監督は昨季限りで現役を引退し、専任指揮官として背水のシーズンを迎える。だが、ロクな戦力補強も行っておらず下馬評は厳しいのが現状だ。

「そうなると成績不振を理由に落合GMが白井オーナーに耳打ちし、怨敵・谷繁監督の途中解任へと動く可能性は高いと言わざるをえない。GMが谷繁監督を誕生させたのは、ここまで不満分子になることを計算していなかったからで、反動もあってきつく当たっている。そもそも人気面を考慮しなければ、最初から盟友の森繁和ヘッド(61)を監督に据えたかったんですからね」(前出・球団関係者)

 落合GMは昨季のチーム成績に憤慨し、周囲に「俺が監督なら、あの戦力で優勝させている」と強気にぶちまけたというが、何やら近々の“谷繁外し”を示唆しているかのようだ。

 八方ふさがりの谷繁監督が指揮を執る沖縄・北谷キャンプに、落合GMは姿を見せるだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)