社会

廃棄業者・加工業者“ゴミ食品”戦慄の流通網を暴く(1)シールを貼り替えれば再生

20160211h

 ゴミとして処分されたはずの冷凍ビーフカツが廉価で転売され、堂々と一般消費者たちの胃袋へと運ばれていく。そんな「食の安全」を脅かす不測の事態は、なんと氷山の一角にすぎなかったのだ。かくも「ゴミ食品」であふれ返った美食の国・ニッポンの暗部を気鋭のジャーナリストがえぐり出す!

 東京近郊に店を構える個人経営のスーパー店主は、

「鶏肉の解凍すり身、ミートボールは、賞味期限前日は1~2割引き、期限当日は半値にします」

 と話す。いずれも真空パック入りで通常は250~300円弱で売っているという。いかに値引きしようと、それは店の勝手である。しかし、よくよく聞いてみると、「賞味期限」も勝手に設定されている。

「期限当日に半値にしても売れ残ることがある。その時は再冷凍して、適当な時期にまた店頭に出します。(賞味期限を打ち込んだ)シールは簡単に張り替えできるから。それを繰り返していると、本来の賞味期限なんて忘れてしまう。半年オーバーは当たり前。真空パックだから、雑菌繁殖はないと思うんですがね」

 元をたどれば、これらの品々は大手スーパーで売られていたものだった。なぜ、それが東京近郊の店に流れたかというと、そもそも廃棄食品だったからだ。

 スーパー業界には「3分の1ルール」と呼ばれる取引形態があり、これも勝手に定められたものだ。つまり、賞味期限が3カ月の場合、その3分の1(1カ月)を過ぎた商品は店に納品できない。また、ルールどおり1カ月以内に納品しても、賞味期限まで3分の1を切った商品は売り場から下げる決まりになっている。

 先の店主は、

「こんなバカバカしいルールがあるおかげで店がなんとか経営できている」

 と苦笑いしながら話す。

「業界ルールから弾き出された商品は、返品されるか廃棄の運命。品質に問題がなくてもゴミ扱いだ。そうしたゴミ食品が、産廃(産業廃棄物)業者から食品業者、卸業者へ流れ、最後は、うちのような個人経営の店に持ち込まれる。大手スーパーが300円弱で売っていた鶏肉のすり身を『50円でどう?』と言われれば当然、飛びつきますよ。賞味期限が1日でも残っていれば、なおさらだ。その1日はシール張り替えでどうにでも引き延ばせるから」(前出・スーパー店主)

 商品には原材料名や内容量、保存方法などが入った表示枠がプリントされているが、賞味期限にかぎって「枠外記載」とあり、これが店主の言う「シール張り替えでどうにでも引き延ばせる」抜け穴になっている。

 釜揚げうどん、煮込みうどんなども同じ手口で賞味期限をすり抜け、本来ならゴミとして処分すべきものが店頭に堂々と並んでいる。やはり表示枠の賞味期限は「枠外記載」となっている。それらの商品を小売店に納品している卸業者はこう話す。

「大手スーパーの廃棄うどんを付き合いの長い食品会社が買い取り、それを正価(230円)の10分の1で仕入れる。卸値はその2~4倍。賞味期限が切れて1年以上過ぎたものも扱っているよ。もともと冷凍うどんではないが、それを冷凍にすれば2年くらいは問題なく食べられる。20年以上前から廃棄うどんを扱っているが、クレームは一度もないからね」

 廃棄うどんの素性を、小売店に明かす場合と明かさない場合があるという。

「取引が長い店にはちゃんと説明して納得してもらう。そうした店には仕入れ値の2倍で卸し、4倍で卸す店には廃棄うどんであることは内緒にする。その代わり、業界の“3分の1ルール”から外れたもので、『賞味期限まで1カ月近くあるから』と言うと、間違いなく仕入れてくれる。それまで売っていた大手スーパーの名前を言えば、逆に喜ばれるよ」(前出・卸業者)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」