社会

法改正で食品「偽装」はどんどん増える(2)メディアが煽れば悪徳業者が…

 するとどうなるか。当然、悪徳業者らによる食品偽装が急増する可能性も出てきたのである。

「偽装で最も多いのは中国隠し。でもこの制度になったら“合法的に”中国を隠せることになる」

 先頃「週刊文春」誌上で「中国食材が危ない」というキャンペーンが張られたが、中村氏は「こういう報道こそが、中国隠しのうまみを増長させる」と警告を鳴らすのだ。

「あの記事には過去4年間で中国食品の回収事案が10件もある、と書かれていますが、日本における食品回収を日々集計している食品産業センターのデータによれば、日本で回収された全食品の件数は、この4月だけで66件。単純計算して、1年間800件弱。4年間にしたら3200件ほどになる。つまり、中国食品の回収は3200分の10でしかないということです」

 回収理由で、最もリスクがあるのがアレルギーで、続いて残留農薬や腐敗、カビ、異物混入、放射能などだが、

「それ以外は消費期限を間違えた、中身と表示が異なっていたという表示ミス。だからといって、この数字を見て、ことさら中国の食品が危ないというのは無理があると言わざるをえない」

 厚生労働省の「輸入食品監視統計」(16年)によれば、輸入件数が多い上位5カ国の食品違反率は中国0.25%、アメリカ0.49%、フランス0.24%、タイ0.42%、韓国0.26%。中国はフランス、韓国とほぼ同じ率で、特に高いとは言えない。アメリカのほうがよほどいいかげんで、中国からの輸入食品は厳しい監視が行われていることがうかがえる。つまり、メディアが中国の食材が危ないとあおればあおるほど、悪徳業者は安価な中国食品を輸入し、偽装に手を染める下地ができやすくなるというわけだ。

「確かに中国国内で流通している中には、安全でないものがあるのは事実。残留農薬にしても、中国の食品には想定外のことが起きるケースもあり、センセーショナルに報道されます。でも日本に輸出しているものに関しては輸入業者が駐在員を置いたり、中国の従業員が日本に来て教育を受けたあと、現地スタッフの指導にあたるなど、徹底した管理も行われています。しかも輸入の際には水際でチェックされている。中国に行って食べたら危険なものはあるかもしれませんが、日本に入ってきている食品については、あまり心配ないと言っていい。不安をあおる根拠のない報道に惑わされないことです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「登場人物がほぼ全員不快」の声も!「けもなれ」、脱落視聴者が続出した“理由”
2
消えた芸人・キンコン梶原がユーチューバーデビューも“致命的弱点”が発覚!
3
「死んだら負け」発言にも立腹!?「アンチ松本人志」を公言する元女子アナとは
4
GACKTの「暴れん坊」はやはりデカい!?寝起き写真でバレた“馬並みのお宝”
5
今度は路チューは勘弁! フジ椿原慶子の「結婚相手」にファンがザワつくワケ