スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「メートルダールを頭から狙い撃つ」

20160218zz

 今週はクラシックの登竜門「共同通信杯」が東京で行われる。人気は重賞勝ち馬2頭が分け合いそうだが、万券王・水戸はメートルダールの末脚に◎を打った。一方、京都の「京都記念」は、ヤマカツエースが波乱を起こす!?

 ゴールドシップ、イスラボニータ、ドゥラメンテ‥‥。ここで勝ち負けしてクラシックを制覇した馬は多く、年々重要度が増してきた共同通信杯が今週のメイン。

 先週行われたきさらぎ賞と同じく出走頭数は少ない。が、きさらぎ賞がそうであったように、クラシック候補の呼び声高い評判の素質馬ぞろい。ファン必見の重賞と言っていい。

 東スポ杯2歳Sを制したスマートオーディン、ホープフルS勝ちの2戦無敗馬ハートレーが最有力候補と見られるが、以下、どの馬も厩舎が自信を持って送り出しており、見応え満点の熱のこもった一戦になること請け合いだ。

 まずはデータをひもといてみよう。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの13年間で馬単万馬券はわずか1回。1番人気4勝(2着4回)、2番人気2勝(2着3回)。最有力視された馬を絶対視できないが、まずは人気サイドで決着を見る重賞と言ってよさそうだ。

 それでも前述した最有力候補の2頭は、ともに重賞勝ち馬であり、クラシックの出走権は手中にしている。ここは何が何でも‥‥ということではあるまい。

 特にスマートオーディンは、3カ月ぶりの実戦。冬場で調整が難しい時でもあり、強烈な末脚を武器にした、いかにも直線の長い東京コース向きの馬であるにせよ、一枚割り引いて見てみたい。

 一方のハートレーは、母が米国のGI勝ち馬。前走のホープフルSも強いの一語だっただけに、軽く見るなど断じてできないが、本番(皐月賞)は先。穴党としては本命視できない。

 各厩舎の期待馬ぞろいであるなら、ここで勝ち負けして賞金を加算させ、クラシックの出走権を何としても得たい他の馬に目を向けてみたい。人気の一角ではあるものの、穴党としてはメートルダールに最も期待を寄せてみたい。

 未勝利─葉牡丹賞を連勝。前走の京成杯では2番人気になったが、出遅れ気味のスタートで後方から。これが結局、最後まで響いた。前々で決まる緩い流れだっただけに、しまい強烈な末脚で追い上げたものの脚を余す格好で敗れ去った。勝ち馬とはコンマ2秒差の惜敗。挽回は十分可能と見ていいだろう。

 前走後はすぐにここを照準に調整。しっかりと乗り込んできただけに、仕上げに抜かりはない。1週前の追い切りも軽快かつリズミカル。まずは万全と言っていい出走態勢を敷いている。

「脚質的に東京コースのほうが競馬をしやすい。状態よく、楽しみ」

 とは戸田調教師の弁。ならばチャンスは大いにあっていい。

 近親に全欧2歳牡馬王者ザフォニック(英2000ギニーなどGI3勝)ほか活躍馬が多数いる良血。あか抜けてバランスの取れた好馬体。クラシック級の器と見てよく、良馬場条件に頭から狙い撃ちといきたい。

 京都記念も、なかなかの顔ぶれ。各馬の力は拮抗しており、馬券的におもしろそう。目移りするが、狙ってみたいのは、マイネルディーンだ。

 当初は次週の小倉大賞典を予定していたが、AJCCを使ったあとの疲れがなく、状態がいいことから1週早めての出走となった。

 そのAJCCは、先行勢有利の流れの中、しまい強烈な差し足で見せ場を作って見せた。内枠を引いてロスなく運べれば上位争いも可能だったはず。それだけに今回は! の期待は大きい。年齢的な衰えは感じられないばかりか、最近は使い減りせずたくましくなった印象。休み明けを使われて3戦目。初重賞制覇のチャンスだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」