芸能

天才テリー伊藤対談「世良公則」(4)世良さんは天性のボーカリストだね

20160211u-2

テリー 当時のツイストのブレイクには、世良さんの派手なパフォーマンスが大きく貢献してますよね。

世良 あれには理由がありましてね。ツイストは大学時代からやっていたバンドなんですが、卒業を迎えるにあたって、音楽コンテストに出ようという話になったんです。で、入賞しなければバンドは解散すると。

テリー へー。

世良 ところが、コンテストの決勝大会の予選とボーカルの就職面接の日程が重なって、「すまん、俺の人生がかかってるから決勝は出れないわ」って言うんですよ。

テリー あれ、世良さんはボーカルじゃなかったの?

世良 そうなんですよ。バンドを始めた時、僕はベースをやっていたんです。で、メンバーから「世良はコーラスもやってるし、残った中ではいちばん歌がうまいから」と言われて、ベースを弾きながらボーカルもやってたんです。

テリー へえ、それもカッコいいじゃないですか。

世良 でも、個人的に両立は難しくて「ベースかボーカルのどちらかを新しく入れてくれ」ってお願いしたら、キーボードをやってたヤツが同級生のベーシストを連れてきたんです。

テリー もし、新メンバーがボーカルだったら‥‥と考えると、何か運命を感じるね。おもしろいなぁ。

世良 だけど今までずっと楽器を持って歌っていた人間ですから、急にマイクだけになると何をしていいかわからないんですよ。それで、とにかくデタラメに動いてたら「ムチャクチャに暴れる、変なボーカルがいるぞ」ってことになって(笑)、コンテストで優勝して、そのまま「あんたのバラード」のシングルを出して、「夜のヒットスタジオ」に呼んでいただいて‥‥とやってるうちにボーカルとして定着した、という感じなんです。

テリー いや、それで人気が出ちゃうのは、持って生まれた才能じゃないですか。天性のボーカリストだったんだと思いますよ。

世良 僕のおばあちゃんがお坊さんで、お経をあげる声がとてもよかったんです。だから家族に、「おばあちゃんの声をもらってよかったね」って、よく言われましたけど。

テリー しかし、ツイストでデビューして38年ですか。まだまだかれない魅力的な声ですもんね。これからも音楽活動は、ガンガンやっていく感じですか?

世良 もちろん、役者の仕事も楽しいんですけどね。昨年は60歳記念イヤーということで、2枚のアルバムと1枚のシングルを作ったんですよ。

テリー それはまた精力的ですね!

世良 先ほど言ったようなライブも含めて、音楽にドップリの1年を過ごさせてもらって、それはすごく充実していましたね。

テリー その集大成となるのが、2月6日の福岡でのライブですか?

世良 そうですね。せっかくの機会ですから、下の世代と何かを紡いでいきたいと。で、いろんな後輩ミュージシャンに声をかけたら、みんな快諾してくれて。

テリー つるの剛士さん、野村義男さん、奥田民生さん、宮田和弥さん‥‥などなど、ぜいたくなメンバーですね。

世良 ええ。それだけ貴重な機会なので、ぜひ観ていただきたいですね。特に僕と同世代の人たちには、生ならではの本当のロックのカッコよさをあらためて体感してほしいので、ぜひ。

テリー おお、「アサ芸」読者も楽しめるステージになりそうですね!

◆テリーからひと言

 久しぶりにお会いしたけど、ホントにいつまでもエネルギッシュでカッコいいね。ぜひ東京でも豪華ライブを! その時は、僕も観させてもらいます!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった