社会

廃棄業者・加工業者“ゴミ食品”戦慄の流通網を暴く(3)知らぬ間にゴミ食品を口にしている

20160211t

 他の弁当店との価格競争に敗れ、閉店に追い込まれた東北地方の元弁当店経営者は、「弁当業界は恐ろしいところだ」と言って、こう続ける。

「廃棄されたか廃棄寸前の食材がなければ、弁当なんか作れっこない。オカズを何種類も入れて300円以下で売れるのは、ゴミ食材を使っているからだ。豚カツ、チキンカツは出来合いの冷凍品がほとんど。どっちみち火を通すから賞味期限なんて気にしないし、1円でも安く手に入れば万歳だったね。俺が負けた弁当店は、東北南部の産廃業者からゴミ食材を直接仕入れていた。それでも俺は、こんな大胆なマネを続けることができなかった」

 産廃処理業者「ダイコー」が横流ししたビーフカツ約1万3000枚が弁当に使われていたが、元経営者が言うとおり、弁当店は産廃抜きでは成り立たないのかもしれない。

 ニシンのコブ巻きならぬタラのコブ巻きがある。消費者は国内製造と勘違いするらしいが、実際は中国からの冷凍輸入品。年末に解凍したものが店頭に並んだが、しかし売れ残ってしまった。すでに賞味期限が切れているが、これも「枠外記載」の仕組みによって日付が改ざんされ、関東、東北の一部地域で今なお販売されている。

 先の元弁当店経営者が再び証言する。

「そのコブ巻きも廃棄すべきゴミ。それをまとめて800本近く買い取った弁当店がある。保管に困って、急いで中古の大型冷凍庫を買ったが、内部はまさにゴミ食品の山。それが利益を生み出すわけだから、ゴミ漁りをやめるわけにはいかないのさ」

 1月下旬のこと。福島県会津若松市の食品業者「若松魚類」が、消費期限が5カ月オーバーのサンマすり身を学校給食調理場へ納品。それを食べた児童・生徒87人が「ヒスタミン」による食中毒を起こした。これは化学物質ゆえに加熱しても分解されないのだ。賞味期限の表示ラベルをはがしての納品だからタチが悪い。この冷凍すり身もれっきとしたゴミ食品である。

 今回の「壱番屋」からの廃棄物横流し事件でもわかるように、産廃処理業者と食品業者は密接に繋がっている。そのため消費者は知らぬ間にゴミ食品を口に入れている。安価でも安心・安全な食べ物はあるが、あまりにも安価すぎるものには「裏がある」と知るべきである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?