芸能

モー娘・鞘師里保の「卒業」でマツコが運営をモーレツ批判!ファンからは拍手喝采

20160213matsuko

 芸能界きってのモーニング娘。ファンとして知られるマツコ・デラックスが、昨年までモーニング娘。’15のエースとして活動していた鞘師里保について、その卒業のさせ方に不満を爆発させ、同グループの運営を痛烈に批判した。

 トークバラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)にて、有吉弘行が唐突な流れで「けっこう(鞘師が)好きな人騒いでるね。モーニング娘。のあの子が辞めるの」と話を振ったのが事の発端。

 マツコはそれについて「あれはもう、本当にもう‥‥」と悲痛な表情を見せたあと、鞘師という逸材を17歳で卒業させたこと、卒業コンサートを行わなかったことがよほど許せなかったらしく、「あの子をあんな辞めさせ方しかできないあの事務所は××」と自主規制音が用いられるほどの暴言を吐き散らした。

 このマツコの毒舌にモー娘。ファンが即座に反応。共感する声が続々と集まったという。

「ある月刊誌で、マツコは『モー娘。は人材の宝庫』と現役・OGメンバー全員のキャラの濃さを語っていました。とくに、現メンバーの生田衣梨奈・鈴木香音・佐藤優樹の3人には『5年後に化ける』とまで絶賛するほどでした。実際に現在の生田は派手なアクロバティックでライブを盛り上げ、鈴木は59thシングル『Oh my wish!』でセンターとなり、そして佐藤は鞘師を継ぐエース候補になるなど、それぞれ頭角を現しつつあります。また、中高生が大半を占めるモー娘。の楽曲についても、『(歌詞に)若いメンバーは感情移入できない』とコメントを出しつつも、『モー娘。はこういうアンバランスがすばらしい』とマニアックな意見も出すなど、彼女らのことをディープに研究しているようでした。ファンはマツコのこの“モー娘。愛”を知ってますからね」(アイドル誌ライター)

 また、マツコは同グループの事務所から裏情報を直接聞けるほどの立場のようだが、その事務所に媚びることなく、自分たちの気持ちを代弁してくれたことに対しても、ファンたちは感動しているようだ。「胸がスッとしました」「さすが我が軍の大将」「事務所の運営に加わってください」と、マツコを絶賛する声がひっきりなしに寄せられた。

 マツコのデラックスなモー娘。愛が感じられる今回のバッシングが今後、鞘師のような事例を起こさないためのお灸になればよいのだが‥‥。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス