芸能

ベッキーの休業明けを待ち望む“ゲス”なオファーの数々

20160225g

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との禁断の男女関係でテレビから消えたベッキー(31)について、所属事務所は2月5日、当面の休業を発表。だが、すでに復帰後を見据えた無数の「“ゲス”な再生計画」が動きだしていた。

 ベッキーが所属するサンミュージックの社員が肩を落とす。

「今年のボーナスのカットが伝えられました。ベッキー出演のレギュラー番組10本、CM10本の収入がなくなるうえに、約4億円にもなると言われる違約金や損害賠償の支払いがありますからね。当然、彼女も支払わなければならない」

 だが、捨てる神あれば拾う神もあるのが芸能界。早くも各所で「復帰作」の構想がひそかに練られ、争奪計画が水面下でうごめいていた。ベッキーの出演番組を手がけたこともある放送作家は「地上波放送での復帰は難しい」としながらも、

「テレビ局が推進しているオンデマンド放送、いわゆるネット配信番組での復帰が検討されています。地上波に比べて規制が緩く、乳首や女性器が出たとしてもモザイクをかけてしまえばいい。デビュー作の『おはスタ』をもじり、『よるスタ』でエロい単語を言わせて再スタートを切らせる、なんて話が出ていますよ」

 それだけではない。淫語どころか、「裸で出直し」案の内容が具体的だ。

「Vシネと写真集のセットで、おっぱいをさらけ出すだけなら、ギャラは1億円ほど。これがカラミありとなれば、3億円は出せるでしょう。これは覚醒剤取締法違反で逮捕されたあとの酒井法子(44)に提示されたヌード企画の額と同じで、破格の待遇です。老若男女に人気を博した品行方正タレントがゲスな淫欲さを秘めていたなんて、業界がノドから手が出るほど欲しい『逸材』ですよ。ブローカーと大手出版社が水面下でつながり、これにAVメーカーも様子をうかがう形で、ベッキーに近い人物に非公式に感触を確認しようとしています」(映像業界関係者)

 芸能プロダクション関係者もこれに追随する。

「小向美奈子のAVデビュー作のギャラは約3000万円でしたが、ベッキーの場合、告知を兼ねた写真集もセットにすれば1億円は行く。ただ、一挙に(違約金や損害賠償支払い分の)4億円も稼ぐとなると、『懺悔SM40人斬り』などのような、エグイ内容も含めた複数のAV契約が必要です」

 とはいえ、優等生にはゲスなプレイは受け入れがたい恥辱かもしれない。

「実はベッキーの顔の使用権利だけでも購入できないかと検討中です。顔さえあれば、ラブドールが作れます。今、富裕層を中心に、100万円を超える有名AV女優の高級ラブドールがひそかに人気を集めています。顔の権利だけでも2億円、体の型取りがセットなら3億円を払っても十分に利益が出ますよ」(前出・芸能プロ関係者)

 さらに、これを「映像化」するプランも。

「技術進歩により、洋画で用いるような高クオリティのCGが安価で利用できるようになった。顔の権利さえ買えれば、体をすげ替えてのAVが作れるんです。本物が演じているように錯覚するほどで、NGプレイも存在しない。ゆくゆくは生身の女優が演じなくても済むと言われるこの企画の第1弾にベッキーを使いたいと考えています」(前出・映像業界関係者)

「私以外私じゃないの」とばかりに「新生ベッキー」を目指し、ぜひこの“ゲス”なオファーと向き合ってもらいたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ