社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「精力の低下を放置しても大丈夫か?男の沽券を守るためには薬頼みもOK」

20160303w

 日頃、診察をしていますと思いがけない相談を受けることがあります。下半身の相談もしかりで、中年男性からは、

「最近、アッチのほうが年のせいか元気がなくなってきて‥‥。どうしたらいいでしょう?」

 とションボリされる患者さんもいらっしゃいます。

 それはそうでしょう。男性のそうしたところは、単に女好きかどうかだけでなく、男性の沽券に関わる問題。世の男性なら一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

 そこで質問です。アッチの元気がなくなってきた場合、「薬を服用してでも勃起させるべき」か、「放っておいても大丈夫」か──。どちらをアドバイスするでしょうか?

 こうした場合、私は「薬を服用してでも定期的に勃起する習慣をつけてください」と答えています。というのも勃起力というのは、セックスの有無に限らず、70歳になっても朝勃ちをすれば「俺は元気だ」という自信につながります。つまり、男性の場合「勃つ」という現実が、メンタル的にも明るく前向きな日々を過ごす鍵となるからです。

 インポテンツと呼ばれる勃起不全の原因の多くは「失敗したらどうしよう」「また勃たないかも」というストレスが原因となります。パートナーや親しい関係ほど「またなの?」と言われたくないために、プレッシャーがかかるわけです。そう考えると、彼女や奥さんが相手だと勃起しないのに、風俗や、行きずりのお相手には勃起するのは不思議なことではありません。一般的には、浮気や風俗遊びは、女性の容姿に引かれて勃起したと思われがちですが、実際にはプレッシャーがかからないことで「1回こっきりだし、失敗してもいい」と割り切っているからこそ、勃起も可能になるのです。

 いわば、性欲は精神面がキーポイント。定期的に勃起させないと、異性のみならず、物事に取り組む意欲がなくなり性欲も減退します。薬を使ってでも勃起させるのは一つの手段として有効です。

 バイアグラが開発された際、その効き目について実験したところ、おもしろい結果が見られました。

 本物のバイアグラと、バイアグラによく似たプラセボ(ニセ薬)を用意して、A群の人には本物を、B群にはニセモノを飲ませました。全員が本物かプラセボかを知らずに飲んだところ、A群は7割が勃起。そして、プラセボを飲んだB群も4割が勃起に至りました。つまり、勃起薬だと思って飲めばニセ薬でも勃起できるということが証明するとおり、勃つかどうかというのはメンタルに左右される面が大きいと言えるのです。

 一方、メンタルではなく「金冷法」などのように男性自身を鍛えれば、勃起力が上がるという鍛錬法などもはやりましたが、残念ながら、効果はまったく期待できません。あしからず。

 また男性のみならず、女性にも同様な悩みがあります。それは「閉経」です。閉経を迎えると、女性は「自分が女でなくなる」と「打ち止め感」にさいなまれ、自信を失います。女性の場合はホルモンバランスの変化も大きいですが、精神的にも急に老け込んでしまうケースが見受けられます。

 人生80年時代を迎えた日本ではこうした問題は、あまり表立ってはいませんが、今後ますます顕在化するに違いありません。そうした中高年の男女にとって、一番の処方箋は、ズバリ「ときめき」です。

 芸能界でも女優の桃井かおりさんのように、60歳を過ぎて結婚する方は、つくづく若々しいと思います。老いらくの恋をしたり、年齢を問わず、セックスすることによるアンチエイジング効果こそ絶大だと言えるでしょう。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!