エンタメ

6億円“グリーンジャンボ宝くじ”は開運日5日間のバラ買いで狙え!(1)明るい装いの売り場を選ぶべし

20160303v1st

 宝くじファンが待ち望む今年最初のジャンボ宝くじ「グリーンジャンボ宝くじ」が2月24日(水)から全国で一斉に発売される。そこで宝くじ研究家・山口旦訓氏が人気売り場から“びっくりぽん”な穴場まで全国12店舗を推奨してくれた。

 5大ジャンボの1つ「グリーンジャンボ宝くじ」(第691回全国自治宝くじ)の1等賞金は4億円。昨年に続いて前後賞合わせて6億円は、グリーンジャンボ史上最高額だ。テレビや雑誌でおなじみの“山ちゃん”こと山口氏が話す。

「今、ジャンボ宝くじは過渡期にあります。昨年の年末ジャンボは1等前後賞合わせて10億円とビッグな当せん金額でしたが、本数は当然ながら例年の半数ほどでした。1等の高額を喜ぶファンがいる一方で、当せん確率のアップを望む声も聞かれる。そんな時だからこそ、まずはハズレた時にショックが大きくならないように、無理な買い方はしないこと。宝くじは息切れしないように長く続けることが大切ですからね。電車賃を浮かせて地元や通勤途中の売り場で多めに買うのもいいと思います。笑顔で迎えてくれる身近なごひいき店を、今まで以上に大切にしたいですね」

 “笑う門には福来たる”というだけに、開運グッズなどが置かれ、明るい装いの売り場選びが当せんへの第一歩だ。

「そういう“努力”をしている売り場は的中実績もあるものです。例えば、都内を見ても、小岩駅南口売り場はお相撲さんの『化粧まわし』を飾っています。今の相撲人気にあやかってみるのもいいでしょう。また、亀戸駅前北口宝くじ売り場は『亀の子たわし』、池袋西口の東武ホープセンター2号店は、ふくろうの『ジャンボ福来郎』くん、新宿チャンスセンターの招き猫『新ちゃん』も人気者です。福を呼ぶと有名な販売員をあげるなら、浅草橋東口駅前売り場の“秀じい”や、宝くじ御徒町駅前センターの“徳じい”です」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス