事件

“川崎老人ホーム惨殺事件”介護士・今井隼人容疑者の素顔とは?(1)事件の経緯

20160303j1st

 昨年9月、川崎市の老人ホームで相次いで入居者の転落死が表面化してから疑惑の目を向けられた男がついに逮捕された!冷血な仮面をかぶった殺人鬼は一貫して否認を続けていたが、ついに3件の殺しを全面自供。職場で「女」に見栄を張り、地元では「キレ」て店員を威嚇していた殺人介護士の素顔を暴いた!

「うぉーっ!」

 神奈川県川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で14年末に入所者の男女3人が相次いで転落した「死亡事故」は一転、「連続殺人」として急展開を迎えた。2件目の転落死が起きた夜には、冒頭の叫び声が転落現場の周辺に響いたという。

 近隣住民が振り返る。

「深夜に男性と女性が言い争うような声が聞こえてきました。何を話しているのか、ハッキリとは聞こえなかったのですが、急に静かになったと思ったら、短い悲鳴のような叫び声が聞こえ、ドスンと地面に響く音が聞こえたのです」

 神奈川県警は2月15日、丑沢民雄さん(当時87歳)を投げ落として殺害したとして、施設で働いていた元職員の今井隼人容疑者(23)=横浜市神奈川区立町=を逮捕したのだ。

 昨年9月に3人の転落死が表面化してから、いずれの時間帯にも勤務していた今井容疑者は、「殺人犯」として疑いの目を向けられていた。1月30日から県警が事情聴取を開始しても、事件への関与を一貫して否定。その後、2月13日までの聴取でも、「関係ありません」と仏頂面を崩さなかった。その翌日、捜査が動き始める。今井容疑者から捜査員に、

「気持ちを整理したい。休みたい」

 と連絡があったのだ。そして15日、聴取に応じた今井容疑者は、

「‥‥本当のことを話さないといけないと思った」

 と語り始めたという。

「同居している母親に、事件に関与していることを相談し、警察でちゃんと話すように説得されたようです。転落させた経緯については、『入所者の言動に腹が立った』『むしゃくしゃしていた』などと説明し、女性2人の殺害も認めています」(捜査関係者)

 同施設に入居する丑沢さんを惨殺した状況は、きわめて冷血なものだった。

 14年11月3日の午後11時から翌4日午前1時50分頃の間、施設には3人の職員が勤務していた。1人が仮眠を取り、もう1人が巡回を終えて戻ってきたのを確認すると、今井容疑者は丑沢さんが寝ている403号室に歩を進め、悪魔の言葉を耳元でささやいた。

「外に出ませんか」

 丑沢さんは危険を察したのか、抵抗する姿勢を見せたが、無理やり起こされると、今井容疑者に腰元を支えられ、401号室のベランダに連れていかれた。そして、丑沢さんを力強く抱きかかえると、迷うことなく暗闇に放り投げた。

「人目を避けて事故を偽装するため、生け垣やサクで外部から見えづらい施設の裏庭に投げ落としました」(前出・捜査関係者)

 それから何事もなかったように仕事に戻った今井容疑者は、タイミングを見計らって、第一発見者を装い、遺体を見つける。その理由について、殺人容疑での逮捕後、今井容疑者はこう供述している。

「4階を担当していたので、遺体の発見が遅れると見落としたことになり、自分にとってマイナスになると思った」

 心配する振りをしながら、内臓破裂した丑沢さんの救命措置をするのだった。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性