事件

15年前にも発生していた「リベンジポルノ」事件

 三鷹の女子高生ストーカー殺人事件で、がぜん注目されるようになったのが、「リベンジポルノ」という言葉だ。

   ※

 ネットジャーナリストによれば、

「アメリカでは別れた恋人のヌードや性行為の写真や動画を本人に無断でインターネット上にアップするという嫌がらせが横行。カリフォルニア州では10月から、画像をアップした人物を処罰する法律を施行するなど、社会問題化しています」

 日本ではこうしたケースは、まだまだ水面下にもぐってしまって、表面化していないが、実は15年前にも三鷹の事件同様の「リベンジポルノ」事件が発生していたのをご存知だろうか。

 当時取材に当たったジャーナリストが振り返る。

「90年代、成人雑誌で素人の投稿写真をウリにした専門誌が乱立していた。その中に、常連の投稿者で、美人OLとの性行為を頻繁に送りつけていた人物がいた。それが徐々にエスカレートして、女性の顔を投稿誌で公開。さらには、裏ビデオの業者にもマスターテープを渡して全国に“顔出し”で流通。『素人モノの名作』として評判になった。ところが、これが別れた恋人と交際中に撮影した性行為中の動画だったんです。当然、お相手の女性には無断で公開。後に、女性は会社の同僚に指摘されたビデオの存在に気づいたそうです」

 女性はすぐに警察に被害届を出し、動画を流出させた“張本人”は脅迫とわいせつ図画頒布の容疑で逮捕された。

「逮捕された元恋人は、一部上場の子会社に勤務する男だった。元恋人に対して未練を持っていたようで、ビデオの販売代金や、投稿雑誌の謝礼もすべて、元恋人の口座に振り込んでいた。『彼女をサポートしたかった』と犯行理由を話していたが、その後、有罪が確定。容疑者は会社も解雇されました」(前出・ジャーナリスト)

 だが一旦、撒かれてしまった“流出動画”は今もインターネット上で、誰もが閲覧できる状況になっている。リベンジポルノについて、日本もそろそろ本腰を入れて法律で規制すべき時に来ているかもしれない。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!