社会

“なにわのブラックジャック”「腰痛治療の無限ループ」から脱出する方法(3)手術時間15分で即日帰宅も可能

 レーザー治療に特化した「伊東くりにっく」では、下は12歳から上は90歳まで、年間360名ほどの手術を行っている。これは「PLDD」と呼ばれる電磁波を使った手術のことだ。

「もともと外科志望でしたし、経験も積みました。椎間板ヘルニアのレーザー治療はまだ少なく、だから開業に踏み切りました」

 PLDDの最大の特徴は、体への負担が軽減されるばかりか、術後のリハビリが必要ないことだろう。

「手術時間は15分で済みます。麻酔は局所麻酔で、術後の安静期間も1時間、入院期間もPLDDは即日帰宅が可能なのに対して、切開手術は1カ月もかかります。このようにPLDDと切開手術とでは、ずいぶんと差があるんです」

 とはいえ、このPLDDには難点もある。手術は「保険適用外」のため、自費診療となることだ。費用は病によって30万~80万円と差はあるが、いずれにしても保険が適用される手術より明らかに負担が大きい。

「ただ、保険診療でできる手術だと、1カ月近く会社を休むことになります。給料的な問題だけでなく、家族にかける負担も大きくなる。その点、PLDDは最低で術後1日安静にしていればよく、長くても1週間程度の休みで仕事復帰できるんです」

 PLDDは比較的新しい治療法のため、病院を選ぶ時は手術費用だけでなく、その医者の経歴、手術の経験数なども聞いたうえで決断することも大切だ。

「僕の患者さんのレーザー手術の成功率は82%。再手術が必要な方もいるんです。どんな治療法にも100%はない。でも、僕はそれを目指します。職業的に多いのは、カメラマンや溶接工、IT関係でパソコンを常に触っている人、これは最悪ですね。10代でゲームのしすぎから腰痛になる人もいます」

 伊東院長の噂を聞きつけ、有名人も多く来院している。歌舞伎役者、オリンピック選手、プロレスラーの佐々木健介、俳優の竹内力、やしきたかじん‥‥。

「竹内力さんは他の病院で手術をしたけど治らなかったからと。たかじんさんは椎間板ヘルニアで、ブラッとお見えになった(笑)」

 完治したかどうかは患者の言い値で、「半年か1年後に定期検診で来てください」と言っても、治った患者は絶対に来ないという。

「来る時は、新しい患者さんを連れて来てくれます。僕は、レーザー治療がいちばんベストだと思っているし、自信もある。まあ、治れば感謝されますが、治らなかったらボロカスです」

 そう言って、なにわのブラックジャックは大声で笑った。

◆プロフィール 伊東 信久(いとう のぶひさ)1964年生まれ。整形外科医。神戸大学医学部、大阪市立大学大学院医学研究科卒業。伊東くりにっく院長。「Dr.イトー」の愛称を持つ。日本維新の会所属の衆議院議員でもある。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由