芸能

「27時間テレビ」、司会にウンナン内定でフジが熱望するあのスペシャルゲスト

20160228unnan

 昨年はナインティナインが総合司会を務めるも平均視聴率10.4%と、例年以上に低い数字を叩き出したフジテレビの「27時間テレビ」。賛否ありながらも、夏の風物詩的番組となった同番組の新たな総合司会に、早くもウッチャンナンチャンの2人が内定したと言われている。

 内村光良は「優しい人なら解ける クイズやさしいね」「痛快TVスカッとジャパン」の2本の番組を同局で持っており、相方の南原清隆は同局では現時点で冠番組はないものの、一部報道によれば春から南原MCの番組がスタートすることになっているとのこと。着々と“本番”に向けて、ウンナン推しの準備は進んでいるようだ。

 最近は、好感度でもかつての全盛期並みに再浮上中のコンビだけに、フジテレビも大きな期待を寄せているようだ。しかし報道後、ネット上では「ウッチャンナンチャンに内定? ふ~んって感じ」「とにかく企画がつまらないから観ませんよ」「つまりNHKのコント番組みたいにしたいわけ?」「視聴率も今度は1ケタじゃない?」といったコメントが殺到し、大方が爆死濃厚と見ているようだ。

 そんな中、唯一、高視聴率を叩き出せる秘策があるとエンタメ誌ライターが説明する。

「正直いって、『27時間テレビ』自体が“つまらない”という考えが完全に根付いてしまっている。それを覆すには、企画よりもスペシャルなゲストが必要。内村が総合司会の大役を務めるのだから、現在休業中のベッキーをこのタイミングでこそ復活させるべきでしょう。出演すれば数字は間違いなく稼げます。瞬間的には30%近くいくのでは?2人は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で共演していますし、固い絆で結ばれている。21日に放送された同番組でも、内村は『ベッキー、うちは今こんな状態だ』と放送を通じてメッセージを送っていますしね」

 いま、キー局の中でもっとも数字が欲しいといえばフジテレビ。司会者の次に“ベッキー”の名前が挙がっても何ら不思議ではない。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス