芸能

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(8)「<1967年4月9日・ウルトラマン>黒部進」

20160310aa

 放映から50周年を迎えたのが、特撮ヒーロー史に輝く「ウルトラマン」(66年、TBS系)である。ウルトラマンに変身するハヤタ隊員を演じた黒部進(76)が、青春の日々を語った。

 今から50年前は、映画の俳優がテレビを軽く見ていた時代。僕も先輩から「そんなのに出るのか」と言われたけど、これが初めてのテレビレギュラーで、しかも主役。与えられた仕事として全力を尽くしました。

 ただ、シンクロの映画と違って、テレビはオールアフレコだったから、画面にセリフを合わせるのに苦労しました。

 それに、最初の撮影が3本持ちだったけど、それだけで1カ月以上かかっている。さらに特撮の制作もどんどん押せ押せになってしまい、高視聴率でありながら3クール(39話)で終わらざるをえなかった。

 さて、ウルトラマンの魅力は何かと聞かれたら、テーマ性を持った脚本も特撮もすばらしいが、1番は成田亨さんがデザインしたウルトラマンのフォルムでしょう。あのクールな表情に、男が持つべき慈悲の精神や男らしさが全て組み込まれていると思います。

 さらに「科学特捜隊」というチーム編成も秀逸でした。冷静なムラマツキャップ、頭脳的なイデ、腕力と武器の操縦にたけたアラシ、紅一点のフジ・アキコと、5人のクルーの役割分担が本当にうまく描かれていましたね。

 最終回のタイトルは「さらばウルトラマン」である。宇宙恐竜・ゼットンに敗北するという衝撃の結末は、これまでの特撮ドラマでは考えられなかった。

 ウルトラマンと一心同体のハヤタも死ぬことになり、それを救出に駆けつけたゾフィーによって分離され、それぞれに命を与えられて、もとのハヤタに戻る。

 第1話と同じく、赤い玉に包まれて浮遊するシーンは、台の上に横になり、それを持ち上げられる撮影だったことを覚えています。正直なところ、これで終わるんだ、解放されるんだとホッとした気持ちでした。もちろん、すばらしい作品ではあるけど、朝早くから夜遅くまで続くハードなロケの毎日でしたから。

 当時は撮影に追われ、オンエアを観る時間もなかったけど、最近になってウルトラ関連のイベントで観る機会が多くなった。あらためて観ると、こんなにいい作品だったのかと驚かされますね。

 例えば、地球に迷い込んだシーボーズの「怪獣墓場」とか、もとは宇宙飛行士だったジャミラの「故郷は地球」とか。あとスカイドンが重たすぎた「空の贈り物」とかね。ハヤタがベーターカプセルと間違えてスプーンで変身しようとする子供たちに人気のエピソードでした。

 50年たった今でも、電車に乗っていて「ファンです」と声をかけられる。ハヤタ隊員とウルトラマンの名を汚さぬよう、いつでも、ちゃんとしておかなきゃなと思いますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ