芸能

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(8)「<1967年4月9日・ウルトラマン>黒部進」

20160310aa

 放映から50周年を迎えたのが、特撮ヒーロー史に輝く「ウルトラマン」(66年、TBS系)である。ウルトラマンに変身するハヤタ隊員を演じた黒部進(76)が、青春の日々を語った。

 今から50年前は、映画の俳優がテレビを軽く見ていた時代。僕も先輩から「そんなのに出るのか」と言われたけど、これが初めてのテレビレギュラーで、しかも主役。与えられた仕事として全力を尽くしました。

 ただ、シンクロの映画と違って、テレビはオールアフレコだったから、画面にセリフを合わせるのに苦労しました。

 それに、最初の撮影が3本持ちだったけど、それだけで1カ月以上かかっている。さらに特撮の制作もどんどん押せ押せになってしまい、高視聴率でありながら3クール(39話)で終わらざるをえなかった。

 さて、ウルトラマンの魅力は何かと聞かれたら、テーマ性を持った脚本も特撮もすばらしいが、1番は成田亨さんがデザインしたウルトラマンのフォルムでしょう。あのクールな表情に、男が持つべき慈悲の精神や男らしさが全て組み込まれていると思います。

 さらに「科学特捜隊」というチーム編成も秀逸でした。冷静なムラマツキャップ、頭脳的なイデ、腕力と武器の操縦にたけたアラシ、紅一点のフジ・アキコと、5人のクルーの役割分担が本当にうまく描かれていましたね。

 最終回のタイトルは「さらばウルトラマン」である。宇宙恐竜・ゼットンに敗北するという衝撃の結末は、これまでの特撮ドラマでは考えられなかった。

 ウルトラマンと一心同体のハヤタも死ぬことになり、それを救出に駆けつけたゾフィーによって分離され、それぞれに命を与えられて、もとのハヤタに戻る。

 第1話と同じく、赤い玉に包まれて浮遊するシーンは、台の上に横になり、それを持ち上げられる撮影だったことを覚えています。正直なところ、これで終わるんだ、解放されるんだとホッとした気持ちでした。もちろん、すばらしい作品ではあるけど、朝早くから夜遅くまで続くハードなロケの毎日でしたから。

 当時は撮影に追われ、オンエアを観る時間もなかったけど、最近になってウルトラ関連のイベントで観る機会が多くなった。あらためて観ると、こんなにいい作品だったのかと驚かされますね。

 例えば、地球に迷い込んだシーボーズの「怪獣墓場」とか、もとは宇宙飛行士だったジャミラの「故郷は地球」とか。あとスカイドンが重たすぎた「空の贈り物」とかね。ハヤタがベーターカプセルと間違えてスプーンで変身しようとする子供たちに人気のエピソードでした。

 50年たった今でも、電車に乗っていて「ファンです」と声をかけられる。ハヤタ隊員とウルトラマンの名を汚さぬよう、いつでも、ちゃんとしておかなきゃなと思いますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故